【7月30日 さいたま市花火大会 大和田公園会場】広々とした会場で花火を堪能しよう!

  • 2868 |
  • 最終更新:

暑い陽射しについつい疲れてしまう夏、そんな疲れを吹き飛ばしてくれるのはやっぱり花火大会!さいたま市の花火大会は大和田公園・大間木公園・岩槻文化公園と時期を変えて3会場に分かれて開催されます。その中でも華々しくトップを飾る大和田公園会場での花火の見どころや、オススメのスポットをご紹介します。

http://blogs.yahoo.co.jp/

一番の魅力はその見通しの良さ。どの方角からでも堪能できます

さいたま市の花火大会は、さいたま市が2001年5月に政令指定都市に移行したことを記念して始められました。さいたま市花火大会の大和田公園会場では、約5,000発の花火の打ち上げが予定されています。大和田公園会場は周辺に高い建物がないので、打ち上がる花火をどの方角からでもじっくり堪能できます!早打ちやスターマイン、4号玉などが夏の夜空へと色とりどりに美しく花開きますよ。

目玉はなんと言っても4号玉の迫力!

大和田公園会場での花火大会は公園内で花火が打ち上げられるので、間近で音を立てて上空に開く花火の迫力を楽しむことができます。目玉のプログラムはなんと言っても4号玉。およそ160mの高さまで打ち上がり、夏の空で直径60mを超える大きさに開きます。もちろん早打ちやスターマインなども見逃せません。すぐそばで打ち上がる花火の迫力を堪能してみませんか?

平成28年度 さいたま市花火大会 大和田公園会場の穴場をチェック!

花火が打ち上げられる大和田公園へは、東武鉄道大宮公園駅または大和田駅から徒歩およそ15分でアクセスできます。駐車場はないので、公共の交通機関を利用しましょう。ここではオススメのスポットをご紹介します。

大和田公園
まさに会場なのでもちろん人は多いですが、とにかく間近で花火を見ることができます。花火の迫力をしっかり堪能したい方は大和田公園まで足を運ぶのがオススメですよ。

市民の森周辺
白い風車が目を惹く見晴公園、道路を挟んでその向かいにある市民の森は穴場的スポット。JR土呂駅から徒歩でおよそ10分のところにある公園です。とても広く、また無料の駐車場もあります。


花火大会概要
名称:平成28年度 さいたま市花火大会 大和田公園会場
開催日時:2016年7月30日(土)19:30〜 荒天時は7月31日(日)に延期。
開催場所:大和田公園周辺
打ち上げ玉数:約5,000発
昨年の人出:約10万人
交通アクセス:東武鉄道大宮公園駅または大和田駅から徒歩15分
駐車場:無

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ