東京サマーランドの屋外プールが9月30日まで営業中!スリル満点のプールを楽しもう!

  • 13935 |
  • 最終更新:

首都圏最大級のレジャープールである「東京サマーランド」で、今年の夏も楽しい思い出をたくさんつくりませんか。一年中遊べる屋内プールと遊園地エリアのほか、毎年夏になるとオープンする屋外プールも9月30日(金)まで開催中。家族で行っても恋人や友達と行っても楽しい人気のスポット「東京サマーランド」の魅力に迫ります。

tokyodatespot.seesaa.net

東京サマーランドの魅力は?

東京サマーランドの魅力は、ユニークなプールアトラクションの多さです。ひとつひとつに迫力があり、普通のプールでは味わえない楽しさがあります。またプールだけではなく遊園地も併設されており、1日では遊びきれない程の充実ぶりです。ここではプールについて、屋外・屋内にわけて魅力をご紹介します。

屋外プール「アドベンチャーラグーン」

毎年夏になると開放されるエリアで、今年は7月1日(金)から9月30日(金)までオープンします。
この期間にしか遊べない貴重なアトラクションやプールは20種類!その中でも有名なのは日本最大級の全長約650mの流れるプール「グレートジャーニー」です。ゆっくりと流れるプールを浮き輪に乗ってのんびり漂うことができます。途中には流れてくる人たちにちょっとした驚きの仕掛けが待ち受けています。
また、スリルを楽しみたいという方には「デカスラ」がおすすめです。「デカいスライダー」の名の通り、とにかく大きいウォータースライダーです。4人〜6人でゴムボートに乗り込み、そのまま一気に滑り降りる迫力満点のアトラクションです。みんなで同じボートに乗れるので、家族や団体には嬉しいですね。
ほかにも、多彩なスライダーや、子供のためのプール、水上で綱渡りのできる「モンキーフロート」、巨大な噴水が湧き出るエリアや、まるで温泉のように暖かい「スプリングハウス」などがあります。思い切りはしゃげるエリアと、ゆったり癒されるエリア、どちらもあって誰もが楽しめるようになっています。

屋内プール「アドベンチャーラグーン」

一年を通じてオープンしている屋内プールもアトラクション満載です。
1時間おきに巨大な波が襲ってくる人気の「コバルトビーチ」は、その波のあまりの迫力に病みつきになる人が続出。
滝やトンネルに入って冒険する「ロックビーチ」もお子様やご家族を中心に大人気です。ほかにもスライダーやジャグジーなど、一年を通して楽しめるものがたくさんあります。同じゾーン内には機関車やミラーハウス、そしてゲームセンターもあり、雨が降っても安心の充実の施設が満載です。

東京サマーランドへのアクセスは?

サマーランドまでは公共交通機関、または自家用車を利用してアクセスできます。

公共交通機関を利用する場合
JR中央線「八王子駅」から行く場合、路線バスで約30分、「東京サマーランド」バス停下車徒歩すぐです。
JR五日市線「秋川駅」よりの場合は、路線バスまたはタクシーで約5分で到着します。

自家用車の場合
中央道八王子インター(上り)、八王子インター第二出口(下り)または圏央道あきる野インターを利用すると便利です。
駐車料金は1日乗用車で1,300円かかります。ただ、開園前に満車になることも多いようですので時間には余裕をもって行かれることをおすすめします。

■スポット詳細
名称:東京サマーランド
所在地:東京都あきる野市上代継600
営業期間:7月1日~9月30日
営業時間:9:00〜18:00、10:00〜17:00、9:00〜20:00※日によって違うため、詳しくは公式ホームページをご確認ください。
料金:(夏季期間)[入園券]おとな3,500円、小学生2,500円、幼児・シニア1,800円[フリーパス券] おとな4,500円、小学生3,000円、幼児・シニア2,000円
電話番号:042-558-6511
公式サイト:http://www.summerland.co.jp/pool/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ