【野球場へ行こう!番外編】野球を見ながら花火を楽しめる!一石二鳥のナイターに行こう!

  • 6108 |
  • 最終更新:

あっという間に野球シーズンも中盤。7月17日(金)、18日(土)のオールスターゲームが終わったら、後半戦に突入していきます。夏はほとんどすべての試合がナイター(ナイトゲーム)で行われます。昼の暑さが一段落して、夜風が気持ちよく吹き抜ける夜の球場。ビール片手に野球を楽しむのは、野球好きでなくても楽しい時間です。そしてさらに、試合の合間に夏の風物詩・花火を楽しめる球場もあります!花火も、野球も、ビールも楽しめるなんて、なんだか得した気分。日程をチェックして球場に足を運んでみませんか?野球を見ながら花火を楽しめる東京近郊の球場を紹介します!

神宮球場(東京・外苑前or千駄ヶ谷)

東京ヤクルトスワローズの本拠地、神宮球場(明治神宮野球場)。「夏休み!神宮花火ナイター」と題して、7月24日~8月27日のヤクルトスワローズ主催の17試合で花火を打ち上げます。花火が上がるのは5回裏終了時。ヤクルトを応援する人も、ビジターのチームを応援する人も、みんなでカウントダウンをして花火の打ち上げを待ちます。バックスクリーンの後ろから豪快に300発の花火があがり、球場が花火会場に様変わり!花火との距離が近く、迫力ある眺めを楽しめます。

さらに、7月30日(金)のヤクルト対広島戦、8月25日(火)のヤクルト対巨人戦では、球場で販売している生ビールがお得になる「生ビール半額ナイター」も開催。通常750円のものが、半額以下の350円(税込)で買えちゃうという、ビール党にはたまらないイベントです。ビールの売り子さん、売店、どこで買っても350円。飲み過ぎないように注意です!

【花火ナイター開催日】
7月:24日(金)~26日(日)、28日(火)~30日(木)
8月:5日(水)、6日(木)、14日(金)~16日(日)、21日(金)~23日(日)、25日(火)~27日(木)

QVCマリンフィールド(千葉・幕張)

千葉ロッテマリーンズの本拠地、千葉・幕張のQVCマリンフィールドでは、5月末の交流戦期間から9月まで、ナイターのホームゲームで300発の花火を打ち上げています。夏休み中のナイトゲームでは全試合花火を見られます!打ち上げは5回裏終了時。17時試合開始の時は、7回表終了時に「ラッキー7花火」として打ち上げられます。花火が上がるのは外野側、バックスクリーンの後ろ辺りから。外野席に座っていると花火は角度的に見えにくいので、絶対花火を見たい!という人は内野席での観戦がおすすめです。小学生以下の子供とその保護者は、花火をグラウンドから見られる「花火ツアー」にも参加できます。2回表から整理券が配布され、先着50組のみが参加できるので、参加したい人はしっかりチェックしておきましょう。

8月9日(日)と8月30日(日)に限り、5回裏の花火はなし。そのかわり、試合終了後になんと1,000発の花火を打ち上げます!また、7月28日(火)のロッテ対西武戦では、「チケット・ビール半額デー」を実施。一部スペシャルシートをのぞいたチケット価格がなんと半額になります。さらに球場で販売されているビールが半額!お得に野球もビールも楽しめる1日です。

mrs.living.jp

【花火打ち上げ日】
7月:11日(土)、12日(日)、28日(火)~30日(木)
8月:4日(火)~9日(日)、18日(火)~20日(木)、28日(金)~30日(日)

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ