国営昭和記念公園レインボープールで夏を満喫しよう!

  • 最終更新:
イルミネーション特集2017

国営昭和記念公園にある「レインボープール」が今年もオープンします。2017年の開催期間は7月15日(土)から9月3日(日)までです。夏休みのレジャーに、ご家族で、友達同士で出かけてみませんか?

国営昭和記念公園とは?

東京都立川市と昭島市にある国営昭和記念公園は、日本の代表的な国営公園です。敷地面積は約180ha。東京ドームの約40倍です。緑にあふれ、都会のオアシスとして多くの人に親しまれています。四季折々の花が咲き、さまざまなイベントが開催される場所です。
プール以外にもバーベキュー場やディスクゴルフコースなどレジャー施設も満載。一日では遊びきれないほどの充実した設備を誇ります。

国営昭和記念公園レインボープールの魅力

さまざまな施設がある昭和記念公園。ここではレインボープールの魅力を紹介します!

キッズプール・テーマプールが充実

冒険プール

水車が回って水が落ちてくる「モニュメントプール(水深25cm)」、お魚から噴水が出てくる「幼児プール(水深15cm)」、冒険心をかきたてる「冒険プール」、アドベンチャー感覚で遊べる「大滝プール」、小さな沢すべりが楽しめる「渓流プール」と、キッズプールだけで5つもあります。多彩なプールで、子ども達も飽きることなく楽しめます。

ウォータスライダー

また、子どもだけではなく大人も楽しめる「ウォータスライダー」には4つのレーンがあります。専用の浮き輪を使って滑るスリル満点のものから、小さなお子様でも楽しめるのんびりしたスライダーまでさまざまです。

大波プール

「大波プール」はまるで海を思わせるプール。全長180mの広い渚に、30~40cmの波が打ち寄せ、ビーチ気分を存分に満喫できます。

プールパスポートの活用でお得に楽しめる

7月15日(土)から8月6日(日)まで販売されているお得なプールパスポートを購入すれば、期間中なら何度でも使えます。3回以上の利用でオトクになりますので、夏に何度も足を運ぶ予定がある方はおすすめです。

快適に過ごせるエリアも

有料で屋根つき、チェアつきの「プライベートビレッジ」エリアもあります。2名用と4名用があり、真夏の日差しの下でも快適に過ごせます。

国営昭和記念公園レインボープールへのアクセス

公共交通機関利用の場合、電車ではJR中央線「立川」駅から徒歩約10分、またJR青梅線「西立川」駅からは徒歩2分と、この2つの駅がアクセスに便利です。
自家用車でアクセスする場合、公園駐車場は立川口と西立川口、砂川口と3つあります。プールに近いのは西立川口ですがプール営業期間中は立川口駐車場と砂川口駐車場よりシャトルバスを運行。中央自動車道利用の場合は、国立府中ICより約8km移動します。

スポット詳細
名称:国営昭和記念公園レインボープール
所在地:東京都立川市緑町3173
営業期間:2017年7月15日(土)~9月3日(日)
営業時間:
【7月15日(土)~8月20日(日)】9:30~18:30
【8月21日(月)~9月3日(日)】9:30~18:00
※7月の平日は17:30まで、9月の平日は17:00まで
価格:
【入場料】大人2,500円、小・中学生1,400円、4歳以上500円
【プールパスポート】大人6,700円、小・中学生3,400、4歳以上900円
電話番号:042-528-1751 国営昭和記念公園 管理センター
公式サイト:http://www.showakinen-koen.jp/

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ