星に願いを!都会の星の聖地、六本木ヒルズ展望台で「七夕観察会」が開催!

  • 2189 |
  • 最終更新:

都心で星空を楽しむことができる六本木ヒルズ展望台 東京シティビューにて、「七夕特別星空観察会」が7月7日(火)に開催されます。この他にも夏の夜空に広がる美しい星たちを観察するイベントが満載。ここではこの夏の「六本木天文クラブ」のイベントを紹介します。

roppongihills.com

六本木天文クラブとは?

六本木天文クラブは、六本木ヒルズ展望台 「東京シティビュー」で開催される天文イベントの総称。星空観察会や、天文に関するセミナー・ワークショップなどが一年を通じて開催されています。日本一の高さを誇る屋上展望台「スカイデッキ」からは、東京タワー、東京スカイツリーなど、首都東京のランドマークはもちろん、天気が良い時は富士山までもが一望できます。六本木天文クラブのイベントには、いつでも誰でも参加可能なため、仕事帰りやデートに気軽に楽しめるのも魅力です。

六本木天文クラブでこの夏の夜空を楽しもう!

六本木天文クラブでは7月から8月の期間中、きらめく夜景と星空を楽しむ夏季限定イベントが開催されます。さっそく各イベントを紹介していきます。

七夕の日は七夕特別星空観察会

スカイデッキにて7月7日(火)に開催される「七夕特別星空観察会」では、天文学の専門家と一緒に織姫・彦星や夏の大三角、土星の輪などを観察できます。なお、毎年7月7日(クールアース・デー)には、環境省が推進する「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」が実施され、東京タワーなどのライトアップ施設の明かりが消灯されます。星空観察にはまさにうってつけ。

三大流星群のひとつ「ペルセウス座流星群」解説セミナー

プレゼンテーションルームにて8月12日(水)に開催される「ペルセウス座流星群解説セミナー」。“星のソムリエ” 泉水 朋寛氏が、夏の風物詩として定着しているペルセウス座流星群の観察のポイントや楽しみ方をレクチャーします。13日の未明に特に多く出現するというペルセウス座流星群。この事前セミナーに参加すれば、ペルセウス座流星群をさらに楽しめることでしょう。

伝統的七夕特別星空観察会

旧暦の七夕にあたる8月20日(木)には、スカイデッキにて「伝統的七夕特別星空観察会」が開催されます。宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」の中で“サファイアとトパーズ”と表現される星「アルビレオ」を、天文学の専門家の解説を交えて探す星空鑑賞会です。

■イベント概要
名称:七夕特別星空観察会 
日時:2015年7月7日(火) 20:00~22:00※雨天・曇天時は中止※最終入場は21:30前まで
場所:東京シティビュー「スカイデッキ」(森タワー屋上)
参加費:無料(東京シティビュー/スカイデッキへの入場券(一般 2,300 円)が必要)

名称:ペルセウス座流星群解説セミナー
講師:泉水 朋寛 氏(星のソムリエ/アストロアーツ)
日時:8月12日(水) 20:00~21:00
場所:東京シティビュープレゼンテーションルーム(六本木ヒルズ森タワー3F)
定員:50名
参加費:2,300 円
※セミナー参加料金で、52F 展望回廊、スカイデッキ、森美術館にも入館可
参加方法:東京シティビューWEB サイト内の応募フォームより事前申込み

名称:伝統的七夕特別星空観察会
日時:8月20日(木) 19:00~21:00※雨天・曇天時は中止
場所:東京シティビュー「スカイデッキ」(森タワー屋上)
参加費:無料(東京シティビュー/スカイデッキへの入場券(一般 2,300 円)が必要)

電話番号:03-6406-6652(受付時間10:00~20:00)
公式HP:http://www.roppongihills.com/tcv/jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ