東京・青梅市の東原公園水泳場で夏のプールを満喫しよう!スライダーは迫力満点!

  • 最終更新:
イルミネーション特集2017

東京都青梅市にある東原公園水泳場は、毎年夏季限定でオープンする野外水泳場です。種類豊富なプールとスライダーが楽しめます。今年の営業は7月15日(土)から8月31日(木)まで。地元の人々に好評のプールで夏の思い出をつくりませんか。

東原公園とは?

東原公園は青梅市の東部、大門地区にある公営の施設です。水泳場と球技場を備え、それらを囲むように緑あふれる遊歩道があります。水泳場は夏季限定で、毎年たくさんの人々が訪れる人気のスポットです。球技場はナイター設備のある本格的なグラウンドが2面あり、サッカーやソフトボールの練習で賑わっています。

東原公園水泳場の魅力

東原公園水泳場は、毎年たくさんの人々が訪れる人気のプールです。ここでは東原公園水泳場の魅力を3つご紹介します。

迫力のスライダーとゆったり流れるプール

スライダーは曲線と直線の2タイプ。ぐるぐる回る曲線スライダーは、全長63.5mと迫力満点です。直線スタイダーは3レーン完備されています。高さ6mからドボンと滑り下りると、そこはスライダプールです、泳ぐ人に遠慮することなく豪快に楽しめます。
外周を囲う流水プールは全長176.8mと広々。浮き輪やエアーマットに乗り、ぷかぷかと浮かんで楽しむにはうってつけです。25mプールと幼児用プールもあるので、大人からこどもまで楽しめる充実の施設となっています。

緑あふれる開放的な施設

プール周辺には木々が豊富に植えられていて、清々しい緑が楽しめます。野外プールなので、屋内にはない開放感が味わえます。大空の下、太陽とともに泳いてみませんか。

リーズナブルな価格

プール使用料は大人2時間以内200円です。延長1時間ごとに100円加算されます。ロッカーの利用料金は10円です。さらに無料駐車場も200台完備。充実の施設をお手頃に利用できるのが、公営施設ならではの魅力です。

東原公園水泳場へのアクセス情報

東原公園水泳場へは、バス、自家用車でアクセスできます。

バスの場合
JR青梅線小作駅から「藤橋」行きに乗り、「今寺」停留所で下車、徒歩約2分です。

自家用車の場合
圏央道青梅ICから都道44号経由で5分です。

スポット詳細
名称:東原公園水泳場
所在地:東京都青梅市今寺5-11
開催期間:2017年7月15日(土)~8月31日(木)
※7月24日(月)~27日(木)は水泳教室開催のため12時までは25mプールのご利用はできません
※8月20日(日)は水泳大会のため、25mプールは終日利用できません。
(幼児用・流水・スライダープールは正午からfのみ利用可能)
営業時間:10:00~18:00
料金:大人200円(2時間)延長1時間ごとに100円、中学生以下50円(2時間)延長1時間ごとに30円、ロッカー10円
電話番号:0428-31-7488
HP:http://fep-omepool-0294.sakura.ne.jp/

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ