宮城で行われるおすすめイベントとは

  • 708 |
  • 最終更新:

宮城へ旅行に行き、観光やレジャーを楽しむのは当たり前ですが、どうせ旅行に行くなら普段経験できないようなおもしろい体験をしたいのではないでしょうか。しかし、旅行時期にどんなイベントをやっているのか調べるのが難しいのも事実です。そこで、今回は宮城で行われているおすすめのイベントを紹介します。

仙台七夕まつり

仙台七夕まつりは、七夕である7月7日の月遅れである8月7日を中日として8月6日から8月8日まで実施されるお祭りです。一番町や中央通り、アーケード街や仙台駅、また仙台市周辺の商店街を中心に大規模な飾り付けが行われ、大きい物から小さい物まで数えると延3,000本以上の飾り付けがされます。七夕まつりは、東北三大祭りと言われており、毎年200万人以上の人がこの祭りのために訪れます。街全体がお祭り騒ぎとなる七夕まつりへ是非参加してみてください。

みちのくYOSAKOIまつり

みちのくYOSAKOIまつりは、宮城県仙台市で行われるYOSAKOI形式のお祭りです。みちのくYOSAKOIまつりは、毎年10月初旬に開催され、毎年70万人前後の人が訪れ、仙台市の夏の風物詩となっています。参加チームは北海道から関西まで広がっており、全国のYOSAKOIまつりの中でも5番目の規模にまで成長しています。みちのくYOSAKOIまつりの特徴としては、各演舞会場に総踊りという時間枠が取られており、祭りの踊り手だけではなく、観客も自由に参加し踊ることができる時間があることです。YOSAKOIに一度参加してみたいとお考えの方は、一度みちのくYOSAKOIまつりで踊りを体験してみてはいかがでしょうか。

青葉まつり

仙台・青葉まつりとは、江戸時代に行われていた仙台東照宮の祭礼であり、仙台藩最大の祭りである「仙台祭」と、明治維新以降、伊達政宗の命日に青葉神社での祭礼である「青葉祭」の2つの祭りを称した祭りのことです。仙台・青葉まつりは毎年5月の下旬に行われ、仙台市都心部を中心に催されます。祭りの1週間前には、すずめ踊りで流し踊りする「一番おどり」が行われるなど、様々な催しがあれ活気あふれるお祭りです。伊達政宗の歴史を振り返ることができる由緒正しき祭りに是非参加してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ