【7月26日・ぎおん柏崎まつり 海の大花火大会】尺玉100発打ちという豪快な花火は必見!

  • 2452 |
  • 最終更新:
花火特集2017

「山の片貝、川の長岡、海の柏崎」と越後三大花火に数えられる、新潟の夏の花火の代表格「ぎおん柏崎まつり海の大花火大会」が7月26日(火)に柏崎市中央海岸で開催されます。海中空スターマインや海の広さを使った幅600mの巨大ワイルドスターマイン、尺玉100発一斉打ちなど、山や川の花火とは異なる、迫力満点の花火を体感できます。ここでは花火大会の魅力や穴場スポットをご紹介していきます!

ぎおん柏崎まつり 海の大花火大会の魅力

豪華絢爛!圧倒的なスケールの大きさに驚愕!

海ならではの特色を活かした、約1万5000発の花火がダイナミックに打ち上げられます。海中空スターマインや、三尺玉2発同時打ち、豪勢な尺玉300個連発など、迫力満点で煌びやかな花火を楽しめます。

花火大会の目玉は横一線に並べた発射台から、尺玉を一斉に打ち上げる、「尺玉100発一斉打ち」。いずれも柏崎でしか見ることができず、花火大会の特色でもあります。

受け継がれた伝統と、愛され続けた長い歴史

「ぎおん柏崎まつり」は1950年に、八坂神社の祇園祭と商工祭が一緒になったことが紀元と言われています。花火は八坂神社の祭礼として1840年より打ち上げられてきました。1998年より花火の趣向が変わり、今日のような豪快な花火を楽しむことができる大会になりました。花火を眺めながら、遠い歴史に思いを馳せるのも、ぎおん柏崎まつりの花火大会の楽しみ方でもあります。

ぎおん柏崎まつり 海の大花火大会の穴場をチェック!

会場からの最寄り駅は柏崎駅で、佐藤池球場から有料のシャトルバスが出ています。ここでは、会場から少し距離があるスポットも含めて、花火見物の穴場をご紹介します。

海岸公園
会場からすぐ北にある公園です。日本海が目前に広がり間近で花火が楽しめます。人気のため、早めの場所取りをおすすめします。

柏崎港
迫力満点の花火を見たい方にオススメのスポット。一部立ち入り禁止区域になっている場所もあるので注意しましょう。

番神御野立公園
鯨波駅からが近いスポット。会場からはかなり遠いですが、日本海を見渡す事ができ、花火が見られます。人混みを避けてゆったり花火を見たい方にオススメです。

■花火大会概要
名称:ぎおん柏崎まつり 海の大花火大会
開催日時:2016年7月26日(火) 19:30~21:10(予定) 雨天決行(荒天時は2016年7月27日(水)に延期)
開催場所:柏崎市中央海岸一帯
打ち上げ玉数:1万5000発
昨年の人出:約22万人
交通アクセス:JR柏崎駅から徒歩20分 ※佐藤池球場から有料シャトルバス(往復1台2500円)運行
駐車場:無

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ