【8月5日・幕張ビーチ花火フェスタ】幕張の浜で、千葉県最大級の花火を楽しもう!

  • 最終更新:
花火特集2017

8月5日(土)海浜幕張公園で、豪華な音楽と華やかな花火が打ちあがる「幕張ビーチ花火フェスタ」が開催されます。今年は海上花火の打ち上げで例年以上に盛り上がること間違いなし。8月始めの夜を幕張の浜で過ごしてみませんか?ここでは、花火大会の見どころや穴場スポットをご紹介していきます。

幕張の浜に打ち広がる、約1万5000発の花火!

正式名称は「第39回千葉市民花火大会」。長年千葉の地元で愛され続けてきた花火大会です。打ち上げ場所は横に広がるため、ダイナミックな花火を楽しめます。​大玉の「尺玉」打ち上げや、花火と音楽をシンクロさせて打ち上げる「音楽花火」。そして、今年新しく打ち上がる「海上花火」を堪能できる、約1時間の花火大会です!

今年のテーマは「未来への絆~大切な人に贈るメッセージ~」。さまざまなメッセージを添えて花火を打ち上げます。個人で花火に協賛し、メッセージを送ることも可能です。7月10日まで受付をしているようなので、気になった方は公式ページをチェックしてみてください。

幕張ビーチ花火フェスタの穴場をチェック!

会場へのアクセスはJR海浜幕張駅からが一番近く、徒歩15分ほどです。スタジアムやビーチにある有料席からの眺めは花火から近く絶景。ですが、ここでは海浜幕張駅ではなく、隣の駅、検見川浜駅や新習志野駅に絞り、花火をもっと楽しみたい方にオススメの穴場スポットをご紹介!もちろん、無料で花火を見ることができます!

稲毛海浜公園
最寄り駅は稲毛海岸駅。花火の打ち上げ場所である海浜幕張公園と一直線にある公園のため、花火を鮮明に見ることができます。近くの検見川の浜も穴場スポットです。

習志野海浜公園
新習志野駅が最寄り駅のスポット。花火と一緒に美しい夜景を楽しみたい方にオススメです

茜浜緑地
会場のから少し離れた場所にあるスポットですが、花火がよく見えるエリアです。また、東京湾の眺めも良く、場所取りの必要がないほど空いている穴場。新習志野駅が最寄り駅です。

■花火大会概要
名称:2017 幕張ビーチ花火フェスタ (第39回千葉市民花火大会)
開催日時:2017年8月5日(土)19:30~20:30 ※荒天または強風の場合は、午前9時に決定し中止
開催場所:幕張海浜公園(千葉市美浜区美浜1)
打ち上げ玉数:約15,000発
昨年の人出:約30万人
交通アクセス:JR京葉線「海浜幕張駅」より徒歩15分
駐車場:無

※打上げプログラムは昨年のものです。詳しくは公式HPをご覧ください

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ