としまえんプールが7月2日オープン!水の絶叫マシン・ハイドロポリスが大人気

  • 5142 |
  • 最終更新:

東京都練馬区にある「としまえんプール」が、2016年は7月2日(土)からオープンしています。都内最大級の遊園地内にある屋外プールには、6つのプールと、スリル満点のウォータースライダーが勢揃い。「豊島園」駅から徒歩1分というアクセスの良さもあり、友人同士、カップル、家族連れなど多くの人で賑わう人気のプールです。都内にいながらもリゾート気分が味わえる都内の避暑地「としまえんプール」の魅力をご紹介します。

http://minkara.carview.co.jp

子どもから大人まで遊べる6つのプールとハイドロポリス

としまえんプールは、波のプールや流れるプール、ナイアガラプール、こどものプール、競泳プール、小プールと全部で6種類。波が押し寄せる波のプールは、海水浴気分を味わえます。流れるプールは浮き輪につかまりながら流されているだけで癒されるプールです。

としまえんプールのナンバーワン人気「ハイドロポリス」は、まさに巨大な水の絶叫マシン。ボディですべるタイプのスライダーで構成されており、オープンタイプやチューブタイプ、トンネルのあるタイプなど、色々なスリルを味わえます。日本最大級のエアスライダー「ハイドロポリスエア」や、1人乗りウォーターシュート「ノーティックジェット」といったアトラクションもおすすめです。

施設内の設備も充実&1日中遊べるお得なチケット

としまえんプールには、おひとりさまから、ご家族連れまで利用できる有料席があります。ちょっと贅沢なリゾート気分を味わえるタイプもの、コールマンのアイテムを使用したテントタイプなどバラエティ豊富です。カップルならペアシートでゆっくりくつろいでみてはいかがでしょうか。

また、お得な「夏の1日券(入園+のりものフリー+プール)」も販売されています。プールで遊んで、水着のまま遊園地エリアへ移動し乗り物を楽しむことができます。

フードコートはリーズナブルな価格のグルメがいっぱいあります。もちろんお弁当の持ち込みもOKです。フードコートの混雑が気になる方は持参するとよいでしょう。
また、ハンディタイプの空気入れが用意されていますので、安心して遊具を持ち込めます。なお有料で浮き輪のレンタルも行われています。

としまえんプールへのアクセスは?

としまえんプールへは電車、バス、自家用車でアクセスすることができます。市街地にあり、細かい道を通りますので、公共の交通機関で行かれることをオススメします。様々な路線を利用することができますので、ご自身にとって最適な行き方を選択されて下さい。

電車の場合
西武池袋線、都営大江戸線、西武有楽町線を利用し、プールの最寄り駅「豊島園」駅で下車します。駅からは歩いて1分です。

バスの場合
西部バスまたは国際興業バスを利用し、「豊島園」で下車します。

自家用車の場合
駐車場の収容台数は850台。料金は30分200円、1日最大1,500円です。

朝から夜まで1日中遊べるとしまえんプールへ、ぜひお出かけしてみて下さい。

スポット詳細

名称:としまえんプール
所在地:東京都練馬区向山3-25-1 (としまえん)
営業時間:【2016年】
7月2日(土)・3日(日)・9日(土)・10日(日)10:00~17:00
7月16日(土)~18日(月・祝)9:00~17:00
7月19日(火)~22日(金)10:00~17:00
7月23日(土)~8月31日(水)9:00~17:00
休館日:【2016年】
7月4日(月)~7月8日(金)
7月11日(月)~7月15日(金)
料金:
【プール入場券(入園+プール)】
大人(中学生以上)4000円、子供A(身長110cm以上)3000円、子供B(身長110cm未満)2000円、3才未満無料(のりもの含む)
【夏の1日券(入園+のりものフリー+プール)】
大人(中学生以上)4500円、子供A(身長110cm以上)3500円、子供B(身長110cm未満)2700円
※子供Bは大人の付き添い(20歳以上/有料)が必要
※のりものは身長110cm未満のお子様がご利用になれる機種限定
・電話番号:03-3990-8800
・公式サイト:http://www.toshimaen.co.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ