7月27日開催!「船橋港親水公園花火大会」の魅力と穴場スポットをご紹介します!

  • 12197 |
  • 最終更新:

夏になると全国各地で行われる花火大会。それぞれに趣向を凝らした特徴や見所があり、すべて見に行けないのがもったいないほどです。ここではは7月27日(水)に千葉県船橋市で行われる「ふなばし市民まつり」のフィナーレである「船橋港親水公園花火大会」の魅力と場所取りや穴場についてご紹介していきます。

http://maruchiba.jp/

デジタル技術を使用したユニークな花火

「船橋港親水公園花火大会」では毎年テーマが決まっており、そのテーマにあったBGMに合わせ、光のデジタル技術を駆使した花火が打ち上げられます。2016年のプログラム詳細は公開されておりませんが、今年は一体どんな花火が見られるのかと多くの人が楽しみにしています。上演時間は19時30分から20時30分の1時間で、約8,500発が打ち上がる予定。ユニークな花火が見たい方にはこの「船橋港親水公園花火大会」はおすすめです。

会場での席取りはできるのか?有料席は?

昨年は8万2000人が来場し、会場は大いに賑わいました。今年も多くの方が来場する予定ですので、観覧場所をどこにするかは大きなポイントです。午前中は会場である船橋港親水公園での場所取りが禁止されているため、もし公園で見るのであれば午後一番を狙って行きましょう。もしくは、船橋港親水公園と船橋漁港に設置されている有料席を取るという方法もあります。有料席のチケット販売は花火大会当日の正午開始ですので、いずれにしても良い場所を取るためには早めに会場に向かうことをおすすめします。

穴場スポットのご紹介

会場で見る花火も良いですが、会場付近に「船橋港親水公園花火大会」を楽しむことのできる穴場スポットがいくつかありますので、ご紹介します。

ららぽーとTOKYO-BAY 駐車場

花火大会当日の午後4時から、P1・P2駐車場の屋上階と、P6・P7駐車場が観覧席として解放されます。P6・P7駐車場は、花火大会開演直前でも比較的空いているようです。また、P5駐車場では、ららぽーとキッズクラブに入会の小学生以下を対象に、特別観覧席を利用することができます。詳しくはららぽーとホームページでご確認ください。

IKEA船橋 屋上駐車場

こちらも花火大会当日に、5階の屋上駐車場が観覧席として解放されます。ただし、場所によっては看板などの関係で見えない位置もあるようなので、早めに行かれて確認されることをおすすめします。トイレなども比較的混雑せず待たずに入ることができるので、小さなお子様がいるご家族には嬉しいポイントでもあります。

花火大会概要
名称:ふなばし市民まつり 船橋港親水公園花火大会
開催日時:2016年7月27日(水)19:30~20:30
開催場所:千葉県船橋市湊町船橋漁港内(船橋港親水公園会場、船橋漁港会場)
打ち上げ玉数:8500発(予定)
昨年の人出:8万人
交通アクセス:京成本線大神宮下駅から徒歩10分、またはJR京葉線南船橋駅から徒歩10分(親水公園側)、JR総武本線船橋駅から徒歩25分(漁港側)
駐車場:なし

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ