街フェス、夏フェスでも大人気!自分だけのビーチサンダルを「B-san」で作ってみた

  • 2938 |
  • 最終更新:

夏といったらビーチサンダル。海だけではなく、街でも会社の中でも!?履ける夏の万能アイテムです。簡単に自分オリジナルのビーチサンダルを作れる「B-san」で、asoview!NEWS編集部員が自分だけのビーサンを作ってみました!

場所は横浜みなとみらい、クイーンズスクエア[アット!]1stの2階。歩いていてたまたまこの看板とビーチサンダルが目に入りました。

ビーチサンダルカスタムオーダー、1,080円!安いです。店内にはカラフルなビーチサンダルがいっぱい。トングとソールを自由に選んで、自分オリジナルの組み合わせを作れる、という仕組みのようです。

試しに履いてみると、やわらかいソールが足に吸いつくようになじみ、歩きやすい…!今まで適当に選んでいたビーチサンダルとはちょっと違うと感じました。それもそのはず、B-sanのビーチサンダルは、足に負担をかけない、足にピッタリ合うということを考えられて開発されたものなのだそうです。

足の形は人によってさまざま。足が薄い人、幅が広い人、甲が高い人など、同じ足の人は一人としていません。B-sanを販売している細谷商店代表の細谷さんによると、ほとんどの人が間違ったビーチサンダルを選んでいるとのこと。ビーチサンダルは気楽に履けるものですが、裸足で履くからこそ、しっかりと足にあったものを選ばないと、足を痛めてしまうのだそうです。トングとソールを別々に選べるようにしているのも、色を選ぶ以上に、しっかりとその人に合ったサイズのものを提供したいから。ソール、トングともに1センチ刻みで揃えていて、足の形に合わせて店員さんがぴったりのサイズを選んでくれます。

小さくてかわいいビーサンは子供サイズ。2歳ぐらいから履けるそうです。サイズと色を選んだら、その場で作成してくれます。5分ほど待って完成です!

履いてみると、足にピッタリとフィットする感触に驚き。トングは天然ゴムで、足との摩擦が起きる嫌な感じもありません。2週間ぐらい履いていると、ソールが徐々に自分の足の形になっていくのだとか。大事に、かつ気軽に履いていきたいと思える1足が手に入りました。

今回はみなとみらいのショッピングセンターへの出店でしたが、野外フェスにも積極的に出店しているそう。代々木公園で行われたアースガーデンや、海フェス・オーシャンピープルズにも参加しています。もちろんフェスでも、色とサイズを選べる方式。この夏は自分にぴったりあったビーチサンダルにチェンジしてみてはいかがでしょうか。

店舗詳細
名称:B-san(ビーサン
会場:みなとみらい クイーンズスクエア[アット!]2F ※その他、各地のフェスなどに出店
公式サイト:http://b-san.com/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ