【7月11日・12日】東京の週末を満喫!都内開催のおすすめイベント3選

  • 6352 |
  • 最終更新:

7月11日(土)、12日(日)に東京で行われるイベントの中から、おすすめのものを3つご紹介します。外で過ごすのが楽しく、快適な季節。夏のはじまりにぴったりのイベントに出かけませんか。すべて入場無料、予約不要のものばかりなので、当日思い立っても楽しめます!

オーシャンピープルズ(代々木公園)

oceanpeoples.com

海を愛する人たちのためのオーシャンフェスティバル、OCEAN PEOPLES(オーシャンピープルズ)。街なかで行う「街フェス」でありながら、まるで海のそばにいるような気分にさせてくれる「海フェス」です。食、音楽、スポーツ、観光、環境などさまざまなカルチャーがある海。フェスティバルを通じて海を感じて、楽しんで、海について考えるきっかけを与えてくれます。 フェスティバルを主催するのは、NPU法人OCEAN PEOPLES。毎年赤レンガ倉庫で行われる大人気フェス「GREENROOM」の主催も行っています。会場はビーチフード、ビーチマーケット、ビーチミュージックのエリアに分かれています。ビーチフードでは40店舗ものフードトラックが集まり、2日間限定のビアガーデンも登場!ビーチマーケットエリアには、ビーチファッションやビーチグッズの出店のほか、国内外の人気アーティストの作品を販売するブースも登場します。そしてステージでは、海を感じさせる音楽のライブが次々に行われます。GAKU-MCやbirdなどの海が似合うミュージシャンが、夏の始まりを祝福する演奏を繰り広げます。入場料はすべて無料!気軽に楽しく海を感じられる、毎年大人気のフェスティバルです。

OCEAN PEOPLES(オーシャンピープルズ)の詳細はこちら!

アフリカ日比谷フェスティバル(日比谷公園)

アフリカヘリテイジコミティ 公式Facebookページ

日比谷公園で7月11日、12日に開催されるのは「アフリカ日比谷フェスティバル」。アフリカで今起こっていること、流行っていることを紹介するNGO団体「アフリカヘリテイジコミティ」が主催しています。「アフリカはじめ世界のグルメを食べつくそう!」が合言葉。本場のワールドグルメや肉料理、ケバブなどのフードがずらりと登場。アフリカの雑貨や民芸品のバザールもあります。その他、アフリカの文化を体験できるワークショップも開催されます。アフリカの伝統的な太鼓「ジャンベ」をたたいたり、編みこみや三つ編みにカラフルなビーズで装飾したアフリカンヘアーを体験したり、民族衣装に着替えて写真を撮ったりと、アフリカの文化を身近に感じられること間違いなしです。ワークショップによる収益はアフリカの子どもたちの学校をつくるために使われます。

アフリカ日比谷フェスティバルの詳細はこちら!

豊洲オクトーバーフェスト(豊洲公園、春海橋公園)

oldfashioned.cocolog-nifty.com

全国各地で開催され、どの会場でも大人気のオクトーバーフェスト。7月10日(金)から7月20日(月・祝)までは豊洲での開催です。普段あまり飲めないドイツビールが大集合。大きなジョッキやグラスで豪快にゴクゴク飲みましょう。本場ドイツ・ミュンヘンのオクトーバーフェストでも活躍する楽団が来日し、陽気な演奏を披露します。音楽に合わせて踊ったり、みんなで乾杯したり。隣の人とも仲良くなれるかもしれません。平日は16時から22時、土日祝日は11時から22時までの開催です。テントがあるので、雨が降っても心配なし!豊洲駅から徒歩5分とアクセスも抜群です。みんなで陽気に「プロースト(乾杯)!」

豊洲オクトーバーフェストの詳細はこちら!
オクトーバーフェストについてもっと詳しく知りたい人は→今さら聞けない、オクトーバーフェスト2015を満喫するための5つのポイント!

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ