茨城のおすすめ海水浴場4選!2016年夏は綺麗な海へ泳ぎに行こう

  • 29179 |
  • 最終更新:

茨城県にある海水浴場をまとめました。茨城は太平洋に面し、サーフィンスポットや釣りスポットなど、海に親しめる場所がたくさんあります。サーフィンをするなら阿字ヶ浦海水浴場がおすすめです。大洗海水浴場にはカニやヒトデなど磯の生き物を観察できます。大洗サンビーチ海水浴場はバリアフリーエリアが備わっているのが魅力的。平磯海水浴場には子供から大人まで大人気の滑り台が設置されています。どのスポットも7月16日(土)から8月21日(日)までのオープンです。今年は茨城県の海で夏を満喫してみてはいかがでしょうか。

大洗サンビーチ海水浴場(大洗町)

大洗サンビーチ海水浴場は大洗リゾートアウトレットや大洗マリーナなどに隣接しています。海水浴場としては常磐エリア最大級です。バリアフリーエリアや水陸両用車いすなどの貸出を行う、日本初のユニバーサルビーチです。駐車場の収容台数はなんと7,000台!公共のシャワー、トイレは無料で利用でき、海の家も8軒立ち並んでいます。夏は非常に多くの海水浴客で賑わうスポットです。2016年の海水浴場開設期間は7月16日(土)から8月21日(日)まで。白砂と青松が続く美しい景観と、澄んだ水、穏やかな波が海水浴にぴったりです。家族連れで足を運んでみてください。

www.mito-prince.co.jp

大洗サンビーチ海水浴場の詳細はこちら!

大洗海水浴場(大洗町)

大洗海水浴場は大洗サンビーチの北に位置しています。大洗サンビーチが白砂が広がるビーチなのに対して、こちらは岩と岩に囲まれた天然のプールを楽しめる海水浴場です。「日本の渚百選」にも選ばれており、カニやヒトデなど、磯の生き物も観察できます。バケツを持っていき、海の水をすくって観察するのも面白くておすすめです。大洗サンビーチに比べて落ち着いた雰囲気で、小さな子供連れの家族も安心して遊べます。2016年の開設期間は7月16日(土)から8月21日(日)までです。

www.gakusyu.pref.ibaraki.jp

大洗海水浴場の詳細はこちら!

阿字ヶ浦海水浴場(ひたちなか市)

阿字ヶ浦海水浴場には約1.4キロにわたって白砂の海岸が続いています。大洗サンビーチ、大洗海水浴場と並んで茨城県を代表する海水浴場です。ロックインジャパンの開催地として知られる国営ひたち海浜公園や大洗水族館、那珂湊おさかな市場などが車で30分以内の距離にあり、海水浴と合わせて観光も楽しめます。2016年の海水浴場開設期間は、7月16日(土)から8月21日(日)まで。海の家の開設期間外も、年間を通してサーファーが訪れる人気スポットです。ひたち海浜公園ICから車で約5分、ひたちなか海浜鉄道湊線「阿字ヶ浦駅」からも徒歩5分と、交通アクセスも便利です。

www.city.hitachinaka.ibaraki.jp

阿字ヶ浦海水浴場の詳細はこちら!

平磯海水浴場(ひたちなか市)

平磯海水浴場は周りを堤防に囲まれています。外洋からの波がブロックされるので、波が穏やかで落ち着いた雰囲気です。海にぽっかりと浮かぶすべり台「くじらの大ちゃん」は、子どもたちはもちろん大人にも大人気。浜辺の北側では磯遊びも楽しめます。また、すぐそばには潮の干満を利用した海中プール「姥の懐マリンプール」もあり、こちらも家族連れに評判です。2016年の遊泳期間は、平磯海水浴場、姥の懐マリンプールともに7月16日(土)から8月21日(日)までです。阿字ヶ浦海水浴場から平磯海水浴場までの間の海岸線には、約6500万年前の中生代白亜紀の地層が見られます。子供の自由研究にもおすすめです。

blogs.yahoo.co.jp

平磯海水浴場の詳細はこちら!

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ