神奈川県の海水浴場まとめ!2016年の海開き情報も含めてご紹介

  • 3762 |
  • 最終更新:

神奈川県の海水浴場を4つ厳選しました。どれも首都圏からアクセス良好な海水浴場ばかりです。ここではそれぞれの海水浴場の海開き情報や、各ビーチのおすすめポイントをご紹介します。夏のお出かけ予定に海水浴を加えてみませんか?

三浦海岸海水浴場(三浦市)

神奈川県の南東部、三浦半島の南に位置する三浦市にある「三浦海岸海水浴場」。2016年の海開きは7月6日(水)で、8月28日(日)まで遊泳可能です。三浦市内では最も大きな規模のビーチで、毎年多くの海水浴客が訪れています。
三浦海岸海水浴場は海岸線が広く海の家も多く出ており、シーズン中はとても賑やか。また、海水浴以外にも花火大会やイベントなどが多く催されるのも魅力的。丸一日飽きずに過ごせます。
京浜急行の三浦海岸駅から歩いてビーチまで行けるので、電車で気軽にアクセスできるのも嬉しいポイントです。

http://blog.livedoor.jp

三浦海岸海水浴場の詳細はコチラ

海の公園(横浜市)

「海の公園」は、横浜市内にある唯一の海水浴場です。遠浅で波が静かなため、子供連れの方でも気軽に楽しめます。2016年の海開きは7月9日(土)で、8月31日(水)まで遊泳可能です。期間中はライフガードが常駐するのはもちろんのこと、看護師も待機しており、万が一の時にも安心できます。
海の公園内にはバーベキュー場が併設されているのも魅力のひとつです。事前に予約しておけば、バーベキューの食材や道具を準備してくれます。予算に応じて好きなコースを選んで予約をしましょう。
金沢シーサイドラインの「海の公園南口」駅、「海の公園柴口」駅、「八景島」駅から徒歩屋う2分と、電車でのアクセスもよいので気軽に出かけられます。

http://page.yokohama

海の公園の詳細はコチラ

逗子海水浴場(逗子市)

逗子市にある逗子海水浴場は、関東地方で最も早く遊泳解禁になるビーチ。です。2016年の海開きは6月24日(金)。遊泳期間は8月28日(日)までです。子供向けの遊具が用意されているほか、遠浅で波が静かで小さな子供を連れたご家族でも安心して楽しめます。また、海の家が40件ほど出店。多くの若者で賑わうビーチでもあります。
逗子駅・新逗子駅から徒歩約10分とアクセスも良好です。都心からも電車で1時間程度なので、ふらりと海水浴に出かけてみてはいかがでしょうか?

逗子海水浴場の詳細はコチラ

由比ガ浜海水浴場(鎌倉市)

由比ガ浜海水浴場は、鎌倉市南部にある相模湾に面した海水浴場です。2016年の海開きは7月1日(金)。8月31日(水)まで遊泳できます。遊泳時間は9時から17時までです。普段はサーファーが多い由比ガ浜海岸ですが、遊泳時間はサーフィンが禁止されているのため接触事故の心配はありません。また、遠浅なので小さな子供がいる家族連れでも安心して遊べます。

tanosii-kamakura.jp

由比ガ浜海水浴場の詳細はコチラ

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ