2016年7月30日(土)に立川まつり 国営昭和記念花火大会が開催!1尺5寸玉は必見です!

  • 3179 |
  • 最終更新:

2016年7月30日(土)に、立川まつり 国営昭和記念 花火大会です。毎年80万人もの人出があるこの花火大会。1尺5寸玉や、競技会で良い成績をおさめた花火「芸術玉」が上がるなど、見どころいっぱいです。ここではおさえておくべきポイントと、観賞時の穴場スポットなどについてご紹介します。

tbt.gr.jp

立川まつり国営昭和記念公園花火大会の魅力

約80万人が訪れる!多くの人に愛される立川の花火

昭和29年に日野橋付近の河原で行われた「立川納涼花火大会」が起源であるこの立川まつり国営昭和記念公園花火大会は、今年で58回目を迎えます。その観客数は昭和記念公園敷地内外含めて近年では80万人に及び、これはなんと立川市民の4倍以上の数字です。多くの人に愛され親しまれる立川の花火大会は、「にぎわいと交流の街」を目指す立川市にとって大切なイベントであり、主催者側も気合十分です。

名物・芸術玉と一尺五寸玉は必見!

立川の花火大会の打ち上げ数は約5000発。約1時間におよぶプログラムには、オリジナルのスターマインの他、大迫力の一尺五寸玉、また芸術玉と呼ばれる全国の競技会で好成績をあげた花火玉を10発打ち上げるという「芸術玉プログラム」などが、例年盛り込まれています。今年もデザイン性のある力強い花火で、最初から最後まで観客を夢中にさせるプログラムとなりそうです。

立川の花火を一番いい場所で見る!穴場のご紹介

国営昭和記念公園敷地内の「みんなの原っぱ」特設エリアは東京ドーム2個分の広さ。その中にある「特別協賛者観覧席」という有料観覧席はゆったりと花火を観覧したい方におすすめです。
いつもとは違った場所で花火を楽しみたいという方や、仲間だけで集まって見たいという方のために、ここでは公園敷地外にある穴場スポットをご紹介します。

イトーヨーカドー東大和店の屋上駐車場
ここの良いところは、イトーヨーカドー店内で飲み物などを買ってそのまま屋上へ行けることです。もし途中で必要なものが足りなくなってもすぐに買いにいけますし、食べ物の種類も多いのでなにかと便利です。

バーミヤン立川駅北口店
美味しい中華料理が楽しめるのはもちろんのこと、涼しい店内でゆったりとテーブル席に座りながら落ち着いて花火を見られることがポイントです。昭和記念公園側のテーブル席がおすすめです。

立川タカシマ屋の屋上ビアガーデン
ビアガーデンということでビールを思う存分楽しみながら、わいわいと花火を楽しむことができます。事前予約が必要ですが、当日は抽選という形で席を確保することもできます。飲み放題のコースがありますので、思う存分飲みながら花火を楽しむことができます。

その他の穴場スポット
他にも多摩モノレールの下歩道や、昭和記念公園の入り口付近など、周辺を探し回れば穴場スポットはいくつも見つかります。この「歩いて自分たちで探す」のも、花火大会当日のひとつの楽しみ方かもしれません。

花火大会概要
名称:立川まつり 国営昭和記念公園 花火大会
開催日時:平成28年7月30日(土)19時20分~20時30分
開催場所:国営昭和記念公園 みんなの原っぱほか
打ち上げ玉数:5,000発予定
昨年の人出:約36万人(国営昭和記念公園内来観者)外周道路等含め80万人以上
交通アクセス:JR中央線 立川駅下車 徒歩15分
駐車場:園内は駐車場も早い時間で満車となり、当日の周辺道路は大変混雑します。公共交通機関の利用をおすすめします。

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ