【7月20日・鎌倉花火大会】水中花火は必見!古都を華やかに照らす大輪の花火を見に行こう!

  • 2131 |
  • 最終更新:

鎌倉花火大会は、歴史と文化の街である鎌倉で開催される人気の花火大会です。今年は7月20日(水)の開催。空も海も彩る鎌倉ならではの花火は、夏の熱気を力強く感じさせてくれます。この夏は浴衣に着替えてぜひ鎌倉花火大会へ足を運んでみてください!ここでは「第68回鎌倉花火大会」の魅力や観賞の際の穴場スポットなどをご紹介していきます。

第68回鎌倉花火大会の魅力

鎌倉花火大会の一番の魅力は、なんと言っても水中花火です。高速で移動する船上から海中に続々と投げ入れられる花火は、海面で半円状に広がり、可憐な扇形の花を咲かせます。海面に反射する光も含めて、美しいの一言。さらに、連続花火であるスターマインと水中花火のコラボレーションが盛大に繰り広げられます。他にも観客メッセージ付きのサポーター花火など、趣向を凝らした演出が次々と登場。興奮が冷める間もない、見応えあるプログラムです。

http://live3.info/

水中花火は、元々は本来空に打ち上げるべき花火を、誤って海に落として破裂させてしまったのがきっかけと言われています。水上で爆発する花火の美しさに魅了された職人が生み出した、というから驚きです。

「エコ」な花火大会

鎌倉花火大会では、「地産地消」を目指しています。花火の材料になる火薬は、鎌倉の寺院や一般家庭から集まった伐採樹木が材料となっています。全国的にも珍しい、そして素晴らしい取り組みです。また、ボランティアによるゴミ拾いも徹底されています。由比ケ浜を綺麗に使おうという花火大会を支える地元の人たちのあたたかい想いが伝わってきます。

第68回鎌倉花火大会の穴場をチェック!

駅周辺や道路は例年大混雑します。なるべく早く来場してゆっくり待ったり、混雑をさけられる穴場スポットを利用するなど、工夫して快適に鑑賞しましょう。

材木座海水浴場
海の家なども点在するエリアで、花火の上がる位置からも近くとっておきの臨場感を味わえます。当日は混雑が予想されます。

披露山公園
会場からは離れた場所です。ここは高い場所から眼下に広がる夜景と海上の花火の様子を一望できるので、ゆったりとロマンティックに鑑賞できる穴場スポットです。

Restaurant Seedless Bar
 ゆっくり食事をしながら花火を楽しめるアメリカンスタイルのダイニングバー。目の前が由比ガ浜海岸という絶好のスポットです。確実に席を押さえたい人は予約必須。

AMANDAN BLUE鎌倉
国内で最も絶景だと名高いAMANDAN BLUE鎌倉では全席オーシャンビューの特等席で、ディナーと花火を堪能することができます。他にはない最高のシチュエーションで特別な夜を過ごしたい方に一押しです。
※スペシャルディナー・スーパーシートプランは¥25,000~


花火大会概要

名称:第68回鎌倉花火大会
開催日時:2016年7月20日(水)19:20~20:10
開催場所:由比ヶ浜海岸・材木座海岸
打ち上げ玉数:約2500発(予定)
昨年の人出:14万人
交通アクセス:江ノ島電鉄由比ヶ浜駅または和田塚駅から徒歩5分、JR・江ノ島電鉄鎌倉駅から徒歩15分 ※当日は会場周辺で交通規制あり
駐車場:無

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ