【6月13・14日】大阪で満喫する週末!大阪市内・近郊のおすすめイベント3選

  • 2303 |
  • 最終更新:

梅雨入りした大阪ですが、週末は晴れ間も見えるという天気予報。どこに行こうかな?と迷っている人に、大阪市内で行われるイベントの中から、オススメを3つご紹介します。この時期ならではのあじさいやホタルなど、梅雨時期だからこそ楽しんでみませんか。

新梅田シティ、中自然の森に「蛍」、舞う。(6/12~21頃)

新梅田シティ・梅田スカイビルの南側にある人口の森、「中自然の森」。3,800平方メートルの広さを持つ、超高層ビルを背にした森でホタルを見られます。ホタルを放流し始めて今年で22年目。徐々にこの森に自生するようになったホタルと、繁殖のために放流するホタル、合わせて2,000匹が森の中で舞います。

sprklg / Firefly

周囲をビルに囲まれた大都会でありながら、中自然の森にはせせらぎが流れ、滝、池などの水辺があります。50種、2,100本の樹木が生い茂る空間では、ここが大阪のどまんなかであるということを思わず忘れてしまいます。神秘的なゲンジボタルの姿を追って、しばし非日常の時間にひたってみませんか。

■6月21日ごろまで開催。新梅田シティ、中自然の森に「蛍」、舞う。の詳細はこちら!

第2回 京橋バル(6/11~13)

京橋駅周辺の「京阪モール」「KiKi京橋」「Kぶらっと」の3つの施設に入る飲食店のうち、約20店舗が参加する食べあるき・飲み歩きイベント「京橋バル」。京阪京橋駅中央改札口横、または「Kぶらっと」HUB前に設置されたチケットカウンターにてチケットを買い、「京橋バル ガイドマップ」をゲットしたら、食べあるきスタート。チケットは200円×11枚つづりで2,000円です。

www.kiki-kyobashi.jp

ワインは1杯チケット1枚(200円)、ビールとおつまみのセットがチケット3枚(600円)と、いつもよりお得に食べたり飲んだりできるのがこのイベントの嬉しいポイント。気になるお店にはどんどん行ってみましょう!13日(土)には、関西の朝の人気者、おき太くんとめざめちゃんも登場します!

三宝下水処理場あじさい一般公開(~6/14)

三宝下水処理場は堺市の大和川河口付近にある下水処理場です。ここで約100種類、1,600株のあじさいが見頃を迎えています。普段は一般には公開されていないエリアですが、あじさいの時のみ一般公開が行われ、地元の人たちでにぎわいます。

water.city.sakai.lg.jp

ここは地元の小学4年生が社会科見学で訪れることが多く、その時期に合わせて開花するあじさいの苗を職員が持ち寄って植えたのがはじまり。あじさいと一緒に下水処理施設を見学することもできます。あじさいの飼育に使われているのは、この処理場で処理した水。あじさいの花は土壌や水の影響を受けて、酸性の場合は青、アルカリ性の場合はピンクになります。処理水は弱アルカリ性なので、ここのあじさいはピンク色のものが多くなっています。

■三宝下水処理場あじさい一般公開について、詳しい情報はこちら!

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ