神戸・六甲高山植物園で、甘い香りが漂う「コアジサイ」が今見頃!

  • 1676 |
  • 最終更新:

兵庫県神戸市にある六甲高山植物園では、甘い香りが漂う清楚なアジサイ「コアジサイ」が見ごろを迎えています。ここでは、六甲高山植物園の魅力と、今が見頃のコアジサイについて解説をしていきます。

六甲高山植物園とは?

六甲高山植物園は六甲山の山頂付近に位置する植物園。植物学の第一人者・牧野富太郎博士の指導を受けて1933年6月24日に開園した由緒ある施設です。兵庫県でありながら、年間平均気温が約9度と北海道の南部くらいの冷涼な気候を活かし、高山植物や寒冷地の植物が栽培されています。栽培されている植物は約1500種類にのぼり、四季折々の景色を楽しむことができます。

 

 

六甲高山植物園ではコアジサイが見頃!

霧が出やすい六甲山では、梅雨の時期は特に幻想的な風景を楽しむことができます。そんな中、市街地ではあまり見ることの出来ないコアジサイが見ごろを迎えています。甘い香りとその特徴的な風貌で、六甲高山植物園に咲くアジサイの中でも特に人気があります。

コアジサイとは?

コアジサイは、本州(関東以西)・四国・九州の山地に生える落葉低木で、高さは1m~1.5m、花は径5cmほどのアジサイ科の植物です。アジサイによく見られる大きな飾り花がないため、花は小柄ですが、代わりに甘い香りを放ち、花粉を運んでくれる昆虫たちを誘います。

花色は、淡青紫色の優しい色合いですが、株により花の色調が微かに違い、青色が濃いものから白に近いものまで様々な色合いがみられます。
六甲高山植物園に咲くコアジサイは、現在見ごろを迎えており、6月下旬ごろまで楽しむことができる見込み。甘い香りを感じに、ぜひ出かけてみませんか?


スポット情報

  • 名称:六甲高山植物園
  • TEL:078-891-1247
  • 住所:兵庫県神戸市灘区六甲山町北六甲4512-150
  • URL:http://www.rokkosan.com/hana/
  • 開園期間:3月21日(土・祝)~11月23日(月・祝)
  • 休園日:9月3日(木)、10日(木)
  • 開園時間:10:00~17:00 (16:30受付終了)
  • 入園料:大人(中学生以上)620円/小人(4歳~小学生)310円

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ