北海道の初夏を盛り上げる!2015年のYOSAKOIソーランを楽しむ秘訣

  • 5206 |
  • 最終更新:

北海道の初夏の風物詩、よさこいソーラン。北海道内外からおよそ200万人の観客が集まるビッグイベントです。今年のよさこいソーラン祭りは、6月10日から14日までの5日間。札幌市内全体がお祭りムードに包まれます。年に一度のお祭りを思いっきりエンジョイしてみませんか?

そもそも「YOSAKOIソーラン」とは?

「よさこい祭り」が北の大地の祭りに

高知県の夏祭りであり、四国三大祭りでもある「よさこい祭り」。よさこい鳴子踊りをはじめとしてロックやサンバ、ヒップホップなど様々な楽曲にあわせて、きらびやかな衣装と化粧をまとった踊り子が、一糸乱れぬ揃った踊りが見る者を圧倒します。これに感銘を受けたのが、当時北海道大学の学生だった男性。1991年に学生の仲間を集め、5人で「YOSAKOIソーラン祭り実行委員会」を発足させました。

高知県の「よさこい祭り」と北海道の「ソーラン節」を合わせた「YOSAKOIソーラン祭り」がはじめて開催されたのは1992年。はじめは参加10チームとこじんまりした大会でした。今では参加チームは約270チーム、踊り子は27,000人。観客は約200万人と、札幌の街をあげての一大イベントになりました。2015年は第24回目の開催です。

Tzuhsun Hsu / YOSAKOIソーラン祭り

どこかに「ソーラン節」が入った曲で踊る

1チームの人数は150人以下。曲のすべて、またはどこかにソーラン節のフレーズを入れて踊り、4分30秒以内に演舞を終えます。純粋に演舞をするチームと、審査を希望するチームがあり、審査されるチームはブロック、セミファイナル、ファイナルと戦い、最終的に選ばれたチームが「YOSAKOIソーラン大賞」を受賞します。

よさこいソーラン祭り、どこで見る?

まずは無料のパンフレットを手に入れましょう!市内の観光案内所、区役所、ホテル、飲食店などに置いてあります。また、公式ホームページからもダウンロードすることができます。さらに内容の充実したガイドブックは200円で販売。時間帯や見たいチームなどを事前にチェックしておくことをおすすめします。

会場は全20か所!

YOSAKOIソーラン祭りは10日から14日まで5日間。そのうち平日の10日~13日は、夕方~夜のみの開催です。10日、11日の会場は大通公園西8丁目会場(メインステージ)のみ。12日はそこに加えて、札幌の中心街、すすきのと四番街の会場で行われます。

13日、14日の土日は、朝9時台から21時台までさまざまな場所で演舞が行われます。メインステージなども合わせると、その数20か所!基本は札幌中心部ですが、白い恋人パークなど、JRや地下鉄を使って行く遠方の会場もあります。

daita saru / JCB 夢翔舞

基本的には無料!じっくり座れる有料席も

会場は基本的には無料。出入りも自由で、いろいろなチームの演舞を次々と見ながら街歩きをも楽しめます。一部、有料の席もあります。メイン会場となる大通パレード会場の西5~7丁目には、演舞を間近で見られる桟敷席が設置されています。また、大通公園西8丁目ステージ会場にも特別観覧席があります。正面から迫力ある演舞をしっかりと見られます!有料の席は時間ごとに区切られていて、チケットが必要。コンビニで前々日までに購入できます。

現地に行けない人は、ネットでも楽しめる!

興味はあるけれどいきなり北海道に行けない、という人は、ニコニコ生放送でも観覧できます。6月10日から14日まで、全て無料!気軽によさこいソーランの魅力に触れられます。
「YOSAKOIソーラン祭り公式チャンネル」はこちら!

自分も踊りたい!当日だけのチームに参加しよう

ダイナミックな演舞を見ていると、自分も踊りたい!という気持ちがむくむくと沸き上がってくることも。とはいえ、チームに入るのは難しいし、そもそも北海道に住んでいないし、という人も多いですよね。そんな人のために、1日だけ体験としてよさこいソーランを踊れる体験が用意されています。

www.yosakoi-soran.jp

実施は6月13日(土)。45分程度の練習で、法被や鳴子を貸し出してくれます。チーム名「みんなでソーラン!ONDO de ソーラン!」の一員として、大通りパレード会場で演舞!道の両側にぎっしりと集まった観客の前で踊りましょう。踊った人にしかわからない快感、感動が得られます!先着100名の参加になるので、踊りたいと思った人はしっかりチェックしておきましょう。
体験参加チーム 参加者募集の詳細はこちら

その他、詳しい情報はホームページでチェック!1年に1度のお祭り、一度体験してみてはいかがでしょうか?

daita saru / Yosakoiソーラン2009

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ