【6月6日・7日】週末は初夏の陽気とともに!北海道のおすすめイベント4選

  • 2047 |
  • 最終更新:

6月第1週の週末、ご予定はお決まりですか?北海道内で行われるイベントの中から、おすすめのものを4つご紹介します。北海道在住の人だけではなく、観光で北海道を訪れている人も楽しめますよ。

熱気に包まれるキャンパス!第57回北大祭

札幌駅の北にある北海道大学は、総面積178万平方メートルという圧倒的な広さを誇ります。ここで1年に1回行われる学園祭が、北大祭。8つの各学部・学科祭、留学生が自分の国の料理を振る舞う「International food festival(IFF)」、模擬店・サークル団体の発表が中心の楡陵祭の10の祭から構成されています。

zengakushinkan.sakura.ne.jp

1.2kmにもおよぶメインストリートには、びっしりと模擬店が並び、お祭りの雰囲気を盛り上げます。各学部の専門的な研究発表、娯楽に特化した展示やライブ、普段は入れない施設の公開など、内容は盛りだくさん。クーポン冊子をゲットすれば、お得に模擬店を利用できたり、福引を楽しめたりもします。活気あふれる祭りをのぞいてみませんか。

■4日(木)から開催中!北大祭の詳細はこちら!
※駐車場はないので、徒歩などでの来場がおすすめ!

ニシンの無料配布あり!おたる祝津にしん群来祭り

小樽市の北、祝津地区で行われるのは「おたる祝津にしん群来祭り」。かつてニシン漁で繁栄を誇ったこの地で、ニシンを心ゆくまで堪能できるイベントです。会場は祝津前浜。大迫力、100枚もの大漁旗が目印です。イベントの目玉は、ニシンの無料提供。各日500匹限定です。ニシンは用意された焼き台で自分で焼いて食べれます。自分で焼いて、外で食べるニシンのおいしさは格別ですよ。

otaruvolunteer.info

その他にも、シーフードを中心としたバーベキューを楽しめるビアガーデン、ニシンを使った料理の販売、海産物の即売会などもあります。新鮮な海鮮を思いっきり堪能できます。地域をめぐるウォーキング企画や、ニシン漁の歴史などがわかるパネル展もあり、1日たっぷり楽しめるイベントになっています。

■おたる祝津にしん群来祭りの詳細はこちら!

北海道のグルメが集結!食のガーデンinかみかわ町2015

旭川の東、大雪山を擁する上川町。自然がいっぱいのこの町で行われるのは、「食のガーデンinかみかわ町2015」です。北海道内の各地から、自慢の「おいしい」が集まる食のイベントです。今回のメインは函館塩ラーメン。さっぱりとした中にもコクがある味わいは、やみつきになる美味さです。他にも魚介の旨味たっぷりのつけ麺、広い大地で育った豚を使った十勝豚丼など、どれを食べようか迷ってしまうラインナップです。

www.town.hokkaido-kamikawa.lg.jp

その場で食べられるグルメのほか、地場産品の販売もあります。会場内で食事や買物をした人には、層雲峡温泉ペア宿泊券や、黒岳ロープウェイペア乗車券などが当たるチャンスも。旭川方面に旅行に訪れた人は、ぜひ立ち寄ってみては。ドライブの途中に立ち寄っての腹ごしらえもおすすめです。

■食のガーデンinかみかわ町の詳細はこちら!

高級肉を心ゆくまで堪能!白老牛肉まつり

札幌から車で1時間30分弱。太平洋に面した白老(しらおい)町で開催されるのは、「白老牛肉まつり」。今年で26回めとなり、毎回5万人ほどを動員する大人気イベントです。海からのミネラルを含んだ風で成長した牧草を食べて育った白老牛は、とても肉質がよく、普段は白老町内でも限られたお店でしか食べられません。

www.shiraoi.net

会場には1,500個もの炭焼き台が設置され、会場内で買った白老牛をその場で焼いて食べることができます。お肉の他にもホタテやカキ、ビールなども販売しているので、北海道のグルメを心ゆくまで味わえます!また、非常に珍しい黒毛和牛の丸焼きもあります。かなり並びますが、ぜひ食べておきたい一品です。他にも白老牛を使ったハンバーグ、牛丼、シチューなど、普段食べられないメニューも販売しています。5日(金)までは牛肉180グラムと引き換えられる前売り券も販売中です!

■白老牛肉まつりの詳細はこちら!

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ