6月開催!梅雨が見頃のアジサイを楽しめる東京都内のイベント5選

  • 23278 |
  • 最終更新:

関東も6月6日に梅雨入りとの発表がありました。雨や曇りの日が増えてきますが、そんな街をカラフルに彩ってくれるのがあじさいです。梅雨に最も見頃を迎えるあじさいは、品種によって花の形は様々で、また土壌によって花の色が変わります。そんなあじさいのさまざまな表情を見に出かけませんか。東京都内あじさいを見られる名所を厳選してお届けします。

1.文京あじさい祭り(文京区)

gotokyo.org

文京花の五大まつりの一つとして知られる「文京あじさい祭り」。白山神社の境内から白山公園のエリアが約3,000株のあじさいで彩られます。「子どもあじさい写生大会」や各地域の物産展など、週末にはイベントも盛りだくさん。家族でお出かけするのにオススメです。

白山神社は歯痛止めの神社として有名なので、歯ブラシ供養のイベントも開催予定。6月は虫歯予防月間なので、とてもタイムリーなイベントですね。

■6/11(土)~6/19(日)開催 文京あじさい祭りの詳細はこちら

2.としまえん あじさい祭り(練馬区)

練馬区の遊園地「としまえん」でも、あじさい祭りが開催されます。150品種、10,000株のあじさいが、宝石箱やトンネルに見立てられてレイアウトされています。

遊園地で遊びながらあじさい鑑賞を楽しむこともできます。あじさい散策の後に併設の温泉施設でのんびり過ごすのもおすすめです。

6月4日~26日の土・日曜日には、園内のあじさいがライトアップされる「あじさいナイト」も開催されます。暗闇の中、美しくライトアップされるあじさいの美しさ、ぜひ見に行ってみてください。

■5/28(土)~6/30(日)開催 としまえん あじさい祭りの詳細はこちら

3.いきいきあじさい祭り 浅草酉の寺(台東区)

blog.livedoor.jp/shipponao

浅草で開催されるのは、いきいきあじさい祭り。全国から集められた様々な種類のあじさいをお花見のように楽しむことができます。また、竹かごに入った「篭あじさい」の販売もあるので、自宅に持ち帰って癒やされたい方はぜひ購入してみてください。

夏バテを予防すると言われる、珍しい「きゅうりのお吸い物」が無料で振る舞われたり、甘茶を味わえるコーナーや屋台の出店など、楽しめる催しもたくさん予定されています。

歴史ある浅草の街で、昔の人達と同じようにあじさいの美しさに癒やされてみてはいかがでしょうか。

■6/18(土)~6/19(日)開催 いきいきあじさい祭り(浅草酉の寺 長國寺)の詳細はこちら

4.郷土の森あじさいまつり(府中市)

tkomse.photo-web.cc

10,000株のあじさいが咲き誇る府中郷土の森博物館で、「郷土の森あじさいまつり」が開催されます。かやぶき民家などの昔の建物とあじさいの取り合わせを楽しむことができるのは、この郷土の森あじさいまつりだけ。期間中は茶室であじさい餅を味わえるイベントや、アジサイのステンシル・押し花を楽しめる工房体験など、さまざまな企画が実施される予定です。府中の自然を感じに足を伸ばしてみませんか?

■5/28(土)~7/3(日)開催 郷土の森あじさいまつりの詳細はこちら

5.東京サマーランド あじさい園色彩の王国(あきる野市)

sanpo01.lolipop.jp

プールで有名な東京サマーランドですが、そのあじさい園も圧巻!60種15,000株のあじさいが彩り豊かに咲き誇っています。特に注目なのは、純白のあじさい「アナベル」が山の斜面を覆い尽くす「アナベルの雪山」。アジサイのおおぶりな花が斜面を覆っている様子は圧巻です。

アナベルの見頃は6月末から7月初旬。6月から7月にかけて見頃の品種が変わるので、期間中何度出かけても様々なあじさいの表情を楽しめます。

■6/11(土)~7/8(金)開催 東京サマーランドあじさい園色彩の王国の詳細はこちら

●こちらもおすすめ!鎌倉のあじさい寺・明月院について→鎌倉・明月院はあじさいの名所。2016年もあじさいの見頃が到来!

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ