【5月26日から!】プロ野球観戦初心者のための、交流戦の楽しみ方

  • 6729 |
  • 最終更新:

カープ女子に始まり、野球ファンの女子を増やそうとするイベントが行われたり、最近何かと盛り上がっているプロ野球。26日(火)からは交流戦が始まります!

npb.or.jp

交流戦は、普段は見れない対決が見られたり、何かと違って面白い期間。プロ野球についてほとんど興味がない、知らないという人にこそ見てほしい、交流戦の魅力をご紹介します!

※5/26 千葉ロッテ挑発ポスターを追記しました。

そもそも「交流戦」って何?

通常のプロ野球の期間では、セ・リーグとパ・リーグに分かれて戦います。リーグ内での優勝チームを決めるこの戦いのことを「ペナントレース」といいます。セ・リーグとパ・リーグの優勝チーム同士が戦うのが、日本シリーズ。ここで勝ったチームが日本一になります。

それぞれのリーグに所属しているチームは以下です。

セ・リーグ(セントラル・リーグ)

  • 読売ジャイアンツ
  • 阪神タイガース
  • 広島東洋カープ
  • 中日ドラゴンズ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 東京ヤクルトスワローズ

パ・リーグ(パシフィック・リーグ)

  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • オリックスバファローズ

普段同じリーグ同士で戦っているところ、交流戦では別のリーグのチームと戦うことになります。

昨年までは交流戦の期間の勝敗を集計して、12球団の中から優勝チームを決めていたのですが、今年はすべての勝敗を集計して、セ・リーグとパ・リーグで勝利数が多いほうが勝ち、というリーグ対抗戦になります。

shiori.k / DSC04446

交流戦を野球初心者におすすめする理由!

通常のペナントレースと違う交流戦は、もちろん真剣勝負ですが、いつもと違ったお祭りのような雰囲気もあります。野球観戦初心者におすすめの楽しみ方をご紹介します!

hageatama / 白星

超ゆる!マスコット同士が対決

交流戦ではいつもと違うチーム同士が対戦します。交流戦を盛り上げるために、それぞれの球団のマスコットもやってきます。本物の交流戦に先駆けて、マスコットが様々な分野で対決する「史上最ユルの交流戦」のサイトがオープンしています。

史上最ユルの交流戦

すでに4試合が行われ、対戦成績は2勝2敗(5月24日時点)。全部で7試合の対決が行われます!バラエティ感覚で楽しめるかも?

大迫力に圧倒される!応援を見に行こう

通常、プロ野球の試合では応援団がラッパや太鼓でメロディーを演奏し、ファンがそれに合わせて歌います。その中でも12球団で一番迫力があると言われているのが、千葉ロッテマリーンズの応援。サッカーの応援にルーツがあると言われるこの応援、とにかく声の大きさと手拍子の統率具合に圧倒されます!

普段はこの応援、関東では千葉ロッテマリーンズの本拠地・幕張のQVCマリンスタジアムか、所沢の西武プリンスドームまで行かないと見られません。ですが交流戦の時は6月5日~7日の神宮球場でのヤクルト対ロッテ戦で見ることができます!

ルールがわからなくても、応援を見ているだけで「すごい!」という気持ちにさせられます。時間ができたらふらりと見に行ってみることをおすすめします!

「挑発ポスター」が登場!(5/26追記)

応援の凄さが際立つ千葉ロッテマリーンズですが、実は毎年交流戦の時に「挑発ポスター」を作成することでも有名です。セ・リーグのチームをどこかバカにしたような、でもクスっと笑ってしまうポスター。今年も公開されました!今年はプロレスラーとのコラボレーションです。

・読売ジャイアンツ…打線が「GメGメ(ジメジメ)」!?

・阪神タイガース…「六甲おろし」というのが阪神タイガースの歌なんですが、それを歌わせないぜ、ということで。

・広島東洋カープ…カープ女子、うらやましいぜ。

・中日ドラゴンズ…名古屋の球団なので、シャチホコかけてます。

・横浜DeNAベイスターズ…星をかけてます!ちょっと苦しい?

・東京ヤクルトスワローズ…マスコットの名前、「つば九郎」が恐ろしいことに…。

 

球場ビールが美味しい季節!

交流戦が行われるのは、5月26日から6月14日までの3週間。この初夏から梅雨にかけての時期は、夜は寒くもなく、暑くもなくとても快適。ナイターでの野球観戦は、この時期が一番気兼ねなく楽しめます。

Takuma Kimura / PhoTones Works #2892

会社帰りに野球場に立ち寄って、試合の音をBGMにビールを飲む。開放感が癖になりそうです!

初夏の気持ちのいい季節、野球を見に行ってみませんか?
セ・パ交流戦 試合日程

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ