旧古河庭園(東京) 春のバラフェスティバル開催!一面のバラが凄すぎる

  • 3210 |
  • 最終更新:

重厚な洋館と鮮やかなバラの景色で名高い旧古河庭園。京浜東北線、南北線の駅から徒歩で行ける、都心からのアクセス便利な立地ということもあり、多くの人の注目を集めています。

旧古河庭園では、6月7日まで「春のバラフェスティバル」を開催中です。美しいバラと洋館の競演を楽しめるのは今だけです!

旧古河庭園 Kyu-Furukawa Gardens_01 by ajari

今がまさに見頃のバラを見に、バラフェスティバルに出かけてみませんか。旧古河庭園の魅力と周辺のおでかけ情報も合わせてご紹介します!

この記事に書いてあること

  • 旧古河庭園の見どころ3選
  • 旧古河庭園「春のバラフェスティバル」の楽しみ方は?
  • 旧古河庭園に行く前に知っておきたいポイント3つ

旧古河庭園の見どころ3選

旧古河庭園は、かつて古河財閥を築いた古河虎之助男爵が所有していた庭園です。鉱山開発などで財を成した古河家は、美しい邸宅と贅を尽くした庭園をつくりました。現在は敷地全体が、東京都が管理する都立庭園として一般に公開されています。男爵が住んでいた邸宅も残されています。

旧古河庭園に行ったら特に見ておきたいのは、この3つのポイントです!

1.京都から呼び寄せた著名な庭師によってデザインされた日本庭園

旧古河邸建築時に、京都から著名な庭師である七代目小川治兵衛が呼ばれ、現代風の日本庭園が整備されました。伝統の様式を踏襲しながらもモダンな雰囲気の庭園は、一見の価値ありです。

日本庭園by TANAKA Juuyoh 

2.多種多様なバラが咲き誇る洋風庭園

洋風庭園は、洋館とも日本庭園ともマッチするように工夫された設計になっています。

L1006539 by Zengame

3.大正ロマンを感じさせる重厚な洋館

古川家の男爵が居住していた建物が良好な保存状態で残っています。その重厚な作りは、約100年の年月を経ても存在感抜群です。

Western style house / 洋館(ようかん) by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

この場所で結婚式をあげる方もいるほど、魅力的な場所です。

vivienarmstrong.com

旧古河庭園「春のバラフェスティバル」の楽しみ方は?

旧古河庭園では毎年春と秋にバラフェスティバルが開催されています。庭園に咲き誇るバラは、都内でも有数の美しさ。バラフェスティバルの見どころ楽しみ方をご紹介します!

明治時代の建築家によってデザインされた庭園を楽しむ

kogosho.cocolog-nifty.com

旧古河庭園内のバラ園は、明治時代に来日した建築家ジョサイア・コンドルによって設計されました。美しく整備された庭園が、バラの美しさをよりいっそう引き立てます。

The Rose Festival at The Furukawa Garden in Tokyo by nishioka

国によって名勝に認定されている景観は必見です!

重厚な洋館とバラの取り合わせを楽しむ

旧古河庭園に広がるバラと、大正ロマンの雰囲気を今に残す重厚な雰囲気の古河邸の取り合わせは、なんとも言えない美しさ。

hyugagogo.exblog.jp

思わず写真に撮りたくなってしまいます。

news.mapcamera.com

夜のライトアップを楽しむ

旧古河庭園では「春のバラフェスティバル」開催期間中の5月15日(金)~24日(日)、庭園と洋館のライトアップを行います。

yakei-kabegami.com

日没から21時まで開催しているので、会社帰りに立ち寄るのもおすすめです。

nekonomestill.blog2.fc2.com

 

いかがでしたか?バラの見頃は6月初旬までです。
ぜひ出かけてみてください!

 

 

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ