地下鉄に乗って、新たな東京の魅力を発見!ナゾトキ街歩きゲーム「地下謎への招待状」が開催

  • 最終更新:
花火特集2017

東京メトロに乗って東京中に仕掛けられた謎を解きながらゴールを目指す、”ナゾトキ街歩きゲーム”「地下謎への招待状2017」が、2017年10月1日(日)~2018年1月31日(水)まで開催されます。制限時間は24時間。新たな東京の魅力を発見する不思議に満ちた魅惑の旅を満喫してみてはいかがでしょうか。

”ナゾトキ街歩きゲーム”「地下謎への招待状」が今年も開催決定!

「地下謎への招待状」は、2014年からスタートし、今年で4回目の開催を迎える、東京メトロと「リアル脱出ゲーム」を企画運営するSCRAPの共催イベント。東京メトロの駅や東京という街全体を舞台に、24時間券と謎解きキットを使用し、参加者自らが実際にプレイヤーとなって街を歩き、東京や東京メトロに隠された謎を解き明かしながらゴールを目指す、フィールド型のリアル脱出ゲームです。

今年の開催期間は、2017年10月1日(日)~2018年1月31日(水)まで。過去3回の開催で述べ12万人以上を動員した大好評企画が、さらなる進化を遂げて登場します。
また、 今年は英語版のゲームも用意。外国人の方も同様に、東京メトロを利用して東京の街の新たな魅力を体験できますよ。

どうやって参加するの?

「地下謎への招待状」に必要なものは、謎解きキットと24時間券。まず、指定された定期売り場で、24時間券がセットになった謎解きキットを購入し、その後、謎解きキットにしたがって最初の謎を解き、その場所まで移動します。
最初の目的地に到着すると、そこで新たに暗号やヒントを手に入れることができます。その手がかりを元に、次のポイントを目指しましょう。この流れを繰り返し、最後の答えを見つけることができたらクリアです。

謎解きキットの販売箇所は、銀座駅、上野駅、丸ノ内線・有楽町線池袋駅、新宿駅、渋谷駅の定期券うりばです。料金は2,160円。英語版は、上野駅定期券うりばのみの販売となりますのでご注意ください。
最初に自動改札機を通してから24時間に限り乗り降りは自由。いつものメトロの風景が、ちょっと違った景色に見えるかもしれませんよ。

「リアル脱出ゲーム」とは?

インターネットで爆発的に盛り上がった無料ゲームを、そのまま現実世界に移し替えた大胆な遊びが「リアル脱出ゲーム」です。マンションの1室や廃校、廃病院、そして東京ドームや六本木ヒルズなど、様々な場所で開催され、2007年に初開催して以降、現在までに330万人以上を動員しました。また、日本のみならず、上海、台湾、サンフランシスコなど全世界で開催。男女問わずあらゆる世代を取り込み、「体験型」エンターテイメントとして注目を集めています。

イベント詳細
名称:ナゾトキ街歩きゲーム「地下謎への招待状2017」
開催期間:2017年10月1日(日)~2018年1月31日(水)
チケット販売場所:銀座駅、上野駅、(丸)(有)池袋駅、新宿駅、渋谷駅の定期券うりば
発売時間:7:40~20:00(無休)
※渋谷駅は、銀座線定期券うりばのみの販売となります。
※英語版は、上野駅定期券うりばのみの販売となります。
チケット販売時間:7:40~20:00(無休)
チケット料金: 2,160円(税込、東京メトロ線内で使用できる24時間券を含みます。)
※24時間券は、最初に自動改札機を通してから24時間に限り乗り降り自由です。
※乗車券のみ、または謎解きキットのみの発売はありません。
※前売り発売はありません。
※小児の発売はありません。
※別途飲物代が100円必要となります。
公式サイト:http://realdgame.jp/chikanazo/4/

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ