「スマートイルミネーション横浜 2017」光のアートが作り出す新たな夜景を堪能しよう

  • 最終更新:
紅葉特集2017

「スマートイルミネーション横浜 2017」が、2017年11月1日(水)より神奈川・象の鼻パーク、関内地区及び横浜都心臨海部、横浜市内各所などで開催されます。世界からアーティストたちが横浜に集結し、独創的な光の作品群で横浜の夜を彩ります。気になる詳細をチェックしましょう。

「スマートイルミネーション横浜 2017」が11月1日よりスタート!

「スマートイルミネーション横浜」は、2011年に発生した東日本大震災後、都市空間における省エネルギー技術活用の高まりを契機にスタート。2016年度には19万人を超える動員を記録した国際アートイベントです。

7回目となる今年は、2017年11月1日(水)~5日(日)までの期間、アートとスマートテクノロジーの融合と位置づけた「コアフェスティバル」として、国内外のアーティストたちの作品が集うアートプログラムのほか、学⽣や若⼿アーティストの育成の場でもある「スマートイルミネーション・アワード 2017」が展開されます。

また、横浜市内全域の多彩なイルミネーションなどを横浜夜景として発信する参加型プログラム「ヨコハマ・イルミネーション・マンス」が今年初開催。2017年11月1日(水)~12月31日(日)までの約2ヶ⽉間、「みんなでつくる横浜夜景」をコンセプトに、市内各所にイルミネーションや夜景イベントなどのプログラムが登場します。

「コアフェスティバル」

アートとスマートテクノロジーが融合し、多種多彩な作品が登場する国際アートイベント「コアフェスティバル」。国内外のアーティストたちが作り出す様々な「光」のアート作品が、象の⿐パークを中⼼に展開するアートプログラムと、未来の夜景を創造する若⼿クリエイターの発掘を⽬指し開催する「公募プログラム スマートイルミネーション・アワード 2017」をメインに実施されます。

umi no mori / 城西国際大学 SENSESCAPE DESIGN Lab. / FutureCity Yokohama Smart Illumination Award 2016・優秀賞
photo: AMANO STUDIO
スマートライトパレード「GINGA」/ 一般社団法人横浜みなとみらい21 // アーティスト:平野治朗 / Smart Illumination Yokohama 2015
photo: Masahiro Ihara
たてもののおしばい「塔(クイーン)は歌う」 / 髙橋匡太 / Smart Illumination Yokohama 2015
photo: Hideo Mori

アートプログラム参加予定アーティスト

市川平、Kateryna Snizhko(ウクライナ)、川辺ナホ、北村康恵、⽊村崇⼈、⽇下淳⼀、Jaime Ibanez(オランダ)、スイッチ総研、曽⾕朝絵、髙橋匡太、千⽥泰広、原倫太郎、平澤賢治、Martina Stock(オーストリア)、森貴之、Lilian Bourgeat(フランス)ほか。

会期:2017年11月1日(水)~5日(日)
時間:17:00~22:00
会場:象の⿐パーク、横浜都⼼臨海部

「ヨコハマ・イルミネーション・マンス」

「ヨコハマ・イルミネーション・マンス」は、「みんなでつくる横浜夜景」をコンセプトに、企業・施設・⼤学・商店街・市⺠などが主体となって行われる参加型プログラムです。様々なイルミネーションが、世界に誇る横浜夜景を作ります。年末までの約2ヶ⽉間、コアフェスティバルの⼀部作品を継続して展⽰。その他にも象の⿐パーク及び横浜市内各所で、光にまつわる作品やイルミネーション、夜景に関するイベントなどが紹介されます。

なお、既存のイルミネーションでの参加や新規の独⾃企画「ひかりの実」による参加など広く募集がされています。興味がある方は事務局に問い合わせてみましょう。

会期:概ね 2017年11月1日(水)~12月31日(日)の期間で開催
 ※プログラムにより開催期間は異なります。
会場: 象の⿐パーク、横浜市内各所
参加応募〆切:2017年8⽉31日(木)

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ