東京タワーの1階正面玄関前に「333個の南部風鈴」がお目見え!涼しげな音色を楽しもう

  • 最終更新:
花火特集2017

港区の東京タワーでは、9月中旬まで「333個の南部風鈴」が見られます。場所は1階正面玄関前。訪れる人を涼しげな音色で出迎えてくれますよ。風鈴の音に耳を傾け、ひとときの涼に癒されましょう。

“鉄”と“333”がつなぐ、東京タワーと南部風鈴の縁

「333個の南部風鈴」は今年で9回目を迎える、東京タワー夏の風物詩。東京タワーが「自立鉄塔」であること、南部風鈴が鋳物製風鈴で日本一の生産量を誇る岩手県奥州市の「南部鉄器」で作られていることにちなんだ、“鉄つながり”の催しです。さらに、333個の南部風鈴を飾るのは、東京タワーの高さ333mに合わせているから。東京タワーと南部風鈴の期間限定コラボレーションです。

2種類の南部風鈴が1階正面玄関前に登場

南部風鈴が吊るされるのは、チケット売り場に続くテントやスロープなど東京タワーの1階正面玄関前周辺です。風がよく吹き抜けるから、南部風鈴もキレイな音色を響かせてくれますよ。東京タワーを訪れるときには必ず通る場所なので、来場する人はどなたでも聞くことができます。南部風鈴の形は定番の釣鐘型と夏らしい金魚型の2種類です。ぜひ吊るされている南部風鈴を見上げ、目でも楽しんでくださいね。

南部風鈴マメ知識

900年以上の歴史を持つ岩手県の代表的な伝統工芸、南部鉄器で作られたのが南部風鈴です。主な生産地は盛岡市と奥州市。南部風鈴の音色は「リーン」と長く響く、澄んだ高音が特長です。東京タワーに足を運び、その美しい音色を確かめましょう。

東京タワーでは「天の川イルミネーション」やお化け屋敷「東京タワーに届いた柩」、屋外アトラクションなど夏休みを中心にさまざまなイベントを開催しています。イベントへ遊びに行ったさいは、ぜひ1階正面玄関前で足を止め、南部風鈴の音で涼んでください。

開催概要
「333 個の南部風鈴」
開催期間:2017年7月20日(木)~9月中旬まで毎日 ※終日実施
場所:東京タワー 1 階正面玄関前周辺のチケット売場に続くテント、スロープなど
(東京都港区芝公園4丁目2-8)
URL:https://www.tokyotower.co.jp/index.html

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ