ポーラ美術館開館15周年記念「100点の名画でめぐる100年の旅」名画がいざなう時間旅行へ

  • 最終更新:
イルミネーション特集2017

ポーラ美術館開館15周年を記念する特別展「100点の名画でめぐる100年の旅」が2017年10月1日~2018年3月11日の期間で開催されます。ポーラ美術館のコレクションから選ばれた名画「ベスト100」が、テーマごとに展示されるこの美術展は、近代100年の美術の流れ、歴史のダイナミズムを体感できるまたとない機会です。

時が流れ、美術も動く

岸田劉生《麗子坐像》1919年(大正8) 油彩/カンヴァス ポーラ美術館

今年で開館15周年を迎えるポーラ美術館が、特別なコレクション展を開催することになりました。
ポーラ美術館は、硝子工芸や東洋陶磁、化粧道具など多岐に亘るコレクションを誇ります。そして絵画コレクションは、19世紀から20世紀にかけて活躍した画家たちの作品を中心に収集されています。今回の特別展では、その貴重なコレクションの中から、ポーラ美術館が選ぶベスト100、西洋絵画71点と日本の洋画29点の名作が、芸術運動(ムーブメント)、主題や時代といった20のテーマごとに展示されます。
19世紀半ばから20世紀へのおよそ100年間の、西洋と日本の近代絵画の流れを旅をするように見ることができる贅沢なコレクション展で、歴史のダイナミズムを感じましょう。

展覧会のみどころ

まるで歴史の教科書!ポーラ美術館のコレクションから名作絵画ベスト100を一堂に紹介

フィンセント・ファン・ゴッホ《アザミの花》 1890年 油彩/カンヴァス ポーラ美術館

近代美術史上重要な画家の作品を、体系的に収集しているポーラ美術館のコレクション。モネやルノワール、セザンヌ、ピカソ、そしてマティスのコレクションは、日本で最多です。
また、日本の洋画コレクションも充実しています。
開館15周年記念展では、西洋と日本の洋画が美術史上めまぐるしく展開した19世紀から20世紀にかけての100年間をコレクションでたどります。

近代100年を名画でめぐる時間の旅

クロード・モネ《睡蓮の池》 1899年 油彩/カンヴァス ポーラ美術館

1860年代から1970年代に制作された西洋絵画と日本の洋画計100点を、制作年代に沿った20のテーマに分けて展示する本展。産業革命や万国博覧会、さらに二度の世界大戦に翻弄されたこの100年で、社会は大きな変化を遂げました。そんな歴史のダイナミズムを、100点の名画を通して体感できるのが、今回のコレクション展です。

この絵が名画である理由―一点一点の魅力を楽しむ

ピエール・オーギュスト・ルノワール《レースの帽子の少女》

ベスト100に選ばれた名画は、それぞれたくさんの見どころを持つ作品ばかり。会場では、各界で活躍する17名の方から寄せられた「この絵が名画である理由」というコメントが紹介されています。多彩な視点で寄せられたコメントから、作品の新たな魅力に気づけるかもしれませんね。

巨匠たちがいざなうタイムトラベル

1860年からおよそ100年のあいだに描かれた名画を、時代の流れに沿い、テーマごとに展示する本展。その20のテーマと展示作品の一部をご紹介します。

1)大自然を歩く―印象派前夜(1860-1870年代)

2)雲と煙―モネとモダニズム(1870年代)

3)人物の研究―セザンヌとドガ(1870年代)

4)光を描く―モネからスーラ(1880年代)

5)美しき女性たちーマネとルノワール(1880年代)

6)カンヴァス上のサムライたちー日本近代洋画の黎明(1880年代)

7)印象派の向こう側ーポスト印象派の挑戦(1890年代)

8)モネ、水の世界へ(1890年代)

9)1900年ー時代は動き、芸術が変わる(1900年)

10)色とかたちの冒険ーフォーヴとキューヴ(1900-1910年代)

11)Boujour 巴里ーパリと日本の画家たち(1910年代)

佐伯祐三《アントレドリュードシャトー》1925年頃 ポーラ美術館

12)美の共演ー女性像にみる西洋と日本(1910-1920年代)

13)薔薇とキャベツー静物画の魅力(1920年代)

14)描かれた日本のエレガンスー洋画の美人画(1920年代)

岡田三郎助《あやめの衣》1927年(昭和2)油彩/厚紙(カンヴァスに貼付)ポーラ美術館

15)パリに集う異邦人たちーエコール・ド・パリの肖像(1920年代)

16)魔術的芸術の魅惑ーシュルレアリスムのひろがり(1930年代)

17)実りの季節ーマティスとピカソ(1930-1940年代)

アンリ・マティス《リュート》 1943年 油彩/カンヴァス ポーラ美術館

18)画家たちと戦争ー揺れる時代の絵画(1940年代)

19)戦後の絵画ー写実と抽象のはざまで(1950年代)

20)それぞれの宇宙ー描かれた幻想(1960年代)

いかがでしたか?展示される名画の一部とテーマからも、この展覧会の濃密さを感じていただけたのではないでしょうか。秋の訪れとともにはじまるこの特別展で、近代芸術の名品を堪能しましょう。

【展覧会概要】

名称:ポーラ美術館開館15周年記念展「100点の名画でめぐる100年の旅」
会期:2017年10月1日(日)~2018年3月11日(日)
会場:ポーラ美術館
所在地:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
電話:0460-84-2111
URL:http://www.polamuseum.or.jp/

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ