増田セバスチャン×モネ!「Point-Rhythm World -モネの小宇宙-」開催

  • 最終更新:
花火特集2017

2017年9月3日(月)までの期間中、銀座のポーラ ミュージアム アネックスで「Sebastian Masuda Exhibition "Point-Rhythm  World -モネの小宇宙-」が開催されます。世界的アーティストの増田セバスチャンによるインスタレーションを楽しみましょう。展示の概要をご紹介します!

モネの『睡蓮の池』にインスパイアされた作品

インスタレーション作品は、増田セバスチャンがクロード・モネの絵画『睡蓮の池』(1899年制作:ポーラ美術館所蔵)にインスパイアされて生まれました。増田セバスチャンといえば、演劇・現代美術で活躍するアーティスト。原宿のKawaii文化を世界に発信しています。本作品でも『睡蓮の池』を現代風に解釈し、世界中から集めたKawaii素材を点描のように配置して“モネの小宇宙”を表現。巨大インスタレーションの中を回遊すれば、モネの小宇宙へといざなわれます。作品から世界中へ広がるKawaiiを体感しましょう。

音楽、VRアートも要注目

細海魚(ほそみさかな)によるサウンドインスタレーション

音楽を担当するのは、エレクトロニカ・ミュージシャンの細海魚(ほそみさかな)。増田セバスチャンの作品内に8チャンネルの音源が設置され、それぞれ違うサウンドを楽しめます。観賞場所、時間で繊細に変化するサウンドインスタレーションは、まさに音の小宇宙です。音楽によって、より作品が印象深いものに仕上がっています。

吉田佳寿美が描く“ふしぎな蝶”

インスタレーション作品中を浮遊する“ふしぎな蝶”を描くのは、VRアーティストの吉田佳寿美です。3D空間に描いたマテリアルの蝶を透明スクリーンにプロジェクションマッピングすることで、ふしぎな浮遊感を演出します。空間インターフェース技術を駆使し、蝶が人の動きを感知して羽ばたきます。本当に生きているかのような蝶に魅了されること間違いなしです。

増田セバスチャンのインスタレーション展示は日本初。入場は無料、必見です!

開催概要
イベント名称:「Sebastian Masuda Exhibition "Point-Rhythm  World -モネの小宇宙-」
開催期間:2017年7月21日(金)~ 9月3日(日)※会期中無休
開催時間:11:00~20:00(入場は19:30まで)
会場:ポーラ ミュージアム アネックス(東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3階)
料金:無料
URL:http://www.po-holdings.co.jp/m-annex/

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ