東京ミッドタウン開業10周年を記念して巨大な移動式コンサートホール「アーク・ノヴァ」が出現

  • 最終更新:
花火特集2017

東京ミッドタウンの開業10周年を記念して、「ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ 2017 in 東京ミッドタウン」が開催されることになりました。移動式コンサートホール「アーク・ノヴァ」が、2017年9月19日(火)~10月4日(水)の期間、東京ミッドタウンの芝生広場に登場します。

アーク・ノヴァとは

宮城県松島町「アーク・ノヴァ」(2013年)

ラテン語で『新しい方舟』を意味する「アーク・ノヴァ」は、高さ18m、幅30m、奥行36mの巨大な移動式コンサートホール(収容人数494名)です。制作者は世界的建築家の磯崎新氏と、英国人彫刻家のアニッシュ・カプーア氏。塩化ビニールでコーティングされたポリエステル製の膜が1時間ほどの送風でドーム状に膨らみ、折り畳んでトラックで輸送できるように設計されています。

内観

ホール内のベンチの一部は、震災の記憶を残そうと、津波の塩害と地盤沈下によって伐採された瑞巌寺の参道杉を材料に、宮城県石巻市の「石巻工房」の監修により市民が参加したワークショップで制作されました。

福島市「アーク・ノヴァ」(2015年)

この「アーク・ノヴァ」は、伝統あるスイスの音楽祭「ルツェルン・フェスティバル」の、「東日本大震災からの復興への一助として、被災地に音楽を届けたい」という願いによって生まれました。2013年から2015年にかけて、松島、仙台、福島の3か所で計3回展示され、コンサートやワークショップを開催し延べ1万9千人を動員しました。

東日本大震災を風化させないために

東北以外の地でも「アーク・ノヴァ」を展示する活動を通じて、東日本大震災を風化させない。そんな「ルツェルン・フェスティバル」の想いに、東京ミッドタウンが賛同。建築芸術としても高い評価を得た「アーク・ノヴァ」を、デザインとアートの街・東京ミッドタウンに展示することになりました。
展示期間中は内部の一般公開日を設け、被災地で行われたイベントの様子を紹介したり、コンサートや映画の上映会を開催したりすることになっています。

ルツェルン・フェスティバルとは

世界トップクラスのオーケストラ、指揮者、演奏家が集まるヨーロッパ屈指の音楽祭「ルツェルン・フェスティバル」。湖とアルプスに囲まれた美しい街並みを持ち、ワーグナーやラフマニノフが暮らしたことでも知られるスイスの古都ルツェルンで、1938年に始まった伝統的な音楽祭です。
春のイースターの頃行う「OSTERN」、夏の「SOMMER」、秋のピアノ音楽祭「PIANO」という3つの音楽祭を毎年開催し、年間で10万5千人の観客が訪れます。 

イベント概要
名称:東京ミッドタウン開業10周年記念イベント「ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ 2017 in 東京ミッドタウン」
開催時期:9月19日(火)~10月4日(水)※荒天中止。各イベントの詳細は後日発表。
場所:ミッドタウン・ガーデン 芝生広場
主催:東京ミッドタウン
特別協力:ルツェルン・フェスティバル 

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ