「スーパーよさこい2017」が原宿で開催!国内外から過去最多の106チームが大集結

  • 最終更新:
紅葉特集2017

2017年8月26日(土)、27日(日)の2日間、「明治神宮奉納 原宿表参道元氣祭 スーパーよさこい2017」が開催されます。明治神宮、代々木公園、NHK並木通り、表参道を舞台にした、約6000名の踊り手たちの躍動感あふれるパフォーマンスは必見です。

原宿夏の風物詩!「スーパーよさこい2017」が今年も開催

「明治神宮奉納 原宿表参道元氣祭 スーパーよさこい」は、明治神宮の夏の奉納祭りとして原宿・表参道周辺で開催されている首都圏最大級のよさこい祭りです。地元商店街「商店街振興組合 原宿表参道欅会」が主催となり、高知のよさこい祭りの伝統を守りつつ、明治神宮奉納祭りとして原宿表参道及び代々木地区で毎年8月の最終土日で開催。踊りとパフォーマンスを通じて日本を元氣にすることを目的に、約6000名の踊り手たちが3つのステージと2つのストリートで「よさこい鳴子踊り」を披露します。

今年は過去最多チームが登場!様々なよさこいが楽しめる

昨年は、約83万人もの観客を動員した、原宿の夏の風物詩「スーパーよさこい」。今年は、過去最多となる106チームの参加が決定しました。昨年に大賞を受賞した「しん」(東京都)や、17回連続となる「ほにや」(高知県)といった注目チームが出場するほか、インドネシアから来日するチームを含む16チームが初出場し、個性豊かな踊り子たちが熱気あふれる演舞を披露します。

また、2017年8月27日(日)に開催される表参道アヴェニューでの演舞も、昨年より6チーム増やした53チームが出場。高知に生まれ、日本全国、そして海を越えて広がり、地方それぞれの多様性を持つよさこいを楽しめます。

注目チームをピックアップ

しん(東京)

8年連続出場、昨年の大賞受賞チームが今年も登場。東京を中心に関東一円から集まった、およそ120名の踊り子が今年も原宿の街で舞い踊ります。

ほにや(高知)

17年連続出場かつ、2014年・2015年と2年連続大賞を受賞しているチームです。土佐で生まれた「ほにや流よさこい」で観客を魅了します。

ハヌよ(ベトナム)

2009年に結成されたチームが初来日。「波越え」をスローガンに、若々しいスピリットでよさこいの楽しさを伝えます。

YOSAKOI NARUKO ODORI "HYAKKA RYOURAN"(インドネシア)

インドネシアによさこいを広めたいと集まった結成7年目のチーム。インドネシアからの出場チームは今年初参加になります。

なお、開催日当日は、3つのステージと2つのストリートに分かれて、演舞が行われます。各ステージで開催時間が異なりますので、注意してください。

「BROOK’S ME-BYO café ×高知家」 コラボカフェ開催!

神宮前交差点にある「BROOK’S ME-BYO café」で、よさこい発祥の地である高知県とのコラボカフェが開催されます。カツオや西瓜など、高知県産の食材を使った限定メニューの提供や、「高知家」の特設フォトスポットや物産展が開催予定です。
また、大抽選会の実施や「スーパーよさこい2017」のパンフレット提示で来店特典が受けられますよ。

イベント詳細
名称:明治神宮奉納 原宿表参道元氣祭 スーパーよさこい2017
会場:原宿表参道/明治神宮/代々木公園/NHK前ケヤキ並木通り
開催日時:2017年8月26日(土)10:00~20:00、27日(日)10:00~17:30
※各会場によって時間が異なる。
公式サイト:http://www.super-yosakoi.tokyo/

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ