北海道で「さっぽろ夏まつり」と「札幌国際芸術祭2017」が同時開催!

  • 最終更新:
花火特集2017

2017年夏、北海道札幌市で「さっぽろ夏まつり」と「札幌国際芸術祭2017」が同時開催!どちらか片方でも豪華なイベントですが、両方が楽しめる今年の夏は例年にも増して札幌の街が盛り上がっています。ここからは、そんな2つのイベントの見所に加えグルメ情報もご紹介していきましょう。

2017年夏、札幌で開催される2つのイベントがアツい!

夏の旅行先で人気がある北海道。なかでも札幌の2017年夏は、「第64回 さっぽろ夏まつり」と「札幌国際芸術祭 2017」が同時開催されることで話題を呼んでいます。

そんな2つのイベントは、国内最大規模のビアガーデンが展開されたり街全体がアートと化したりと魅力が満載です。

今年の夏北海道へお出かけを予定している方はぜひ足を運び、札幌でしか味わえない旅を楽しんでみてはいかがでしょうか?

第64回 さっぽろ夏まつり

さっぽろ夏まつりは、北国の短い夏を思い切り楽しもうと1954年(昭和29年)に初開催されました。今回で64回目を迎えるさっぽろ夏まつりですが、今年の見所はどういったものがあるのでしょうか?ご紹介していきます。

ビール好きにはたまらないビアガーデン in さっぽろ夏まつり

さっぽろ夏まつりで注目したいのがビアガーデンです。国内最大規模の13,000席が用意され、6つの会場それぞれで異なるビールを楽しめるのが魅力。

特に8丁目会場では、ジョッキの高さをはるかにしのぐ迫力満点の4.2L タワーピッチャーが登場。ビアガーデン好きにはたまりませんね。さらに5丁目会場には、ホルモンとジンギスカンの「ホルジン焼き」といったご当地グルメも充実しており、札幌夏のグルメを満喫できます。

開催日時

  • 2017年7月20日(木)〜8月15日(火)12:00〜21:00(一部会場を除く)

異色のコラボ!DJ盆踊り in さっぽろ夏まつり

さっぽろ夏まつりで毎年盛り上がる「北海盆踊り」はもちろんのこと、今年は「DJ盆踊り」も見所の1つとなっています。

DJを務めるのはコンビニの一角でDJパフォーマンスを行うなど、その一風変わったスタイルで有名となった岸野雄一氏。誰にも予想できない「DJ」と「盆踊り」の異色コラボは必見です!

開催日時

  • 2017年8月14日(月)20:30〜21:45(予定)

会場

  • 大通公園2丁目

 

【開催概要】
名称:第64回 さっぽろ夏まつり
開催期間:2017年7月20日(木)〜8月17日(木)
場所:大通西2丁目~11丁目
アクセス:地下鉄南北線・東西線・東豊線「大通駅」下車すぐ
公式サイト:http://sapporo-natsu.com/

札幌国際芸術祭 2017

札幌国際芸術祭 2017は、3年に一度札幌市内で開催される国際的なアートフェスティバルです。

著名な作品が並ぶ芸術祭とは異なり、すすきのの街やキャバレーなど、市内のあらゆる場所・施設が芸術作品に変えられるのは札幌国際芸術祭ならでは。

今年はNHK朝の連続テレビドラマ「あまちゃん」の音楽を手がけた大友良英氏をゲストディレクターに迎え、100組以上のアーティストと共に57日間に及ぶ札幌国際芸術祭が開催されます。

フォトジェニックなスポット「モエレ沼公園」にも注目!

札幌国際芸術祭 2017のサブテーマである「ガラクタの星座たち」。モエレ沼公園では、かつて不燃ゴミの最終処分場であったという歴史に焦点を当てた映像作品やロボット作品など、様々なアート作品が展開されます。

海の噴水
ガラスのピラミッド「HIDAMARI」

また、イサム・ノグチ氏によって設計された園内にも注目。ここには「海の噴水」やガラスのピラミッド「HIDAMARI」といった写真映えするスポットも点在しており、写真撮影が好きな方、SNSに写真をアップしたい方へもオススメです。

普段あまり芸術に関心がない方もきっと素敵な思い出ができるであろう札幌国際芸術祭 2017。いろんなアート作品を通し、いつもとは違う札幌の魅力にふれてみてください。

【開催概要】
名称:札幌国際芸術祭 2017
開催期間:2017年8月6日(日)~10月1日(日)
場所:札幌市
アクセス:新千歳空港からJR札幌駅まで電車で約40分
公式サイト:http://siaf.jp/

イベントと一緒にグルメもご紹介!

「第64回 さっぽろ夏まつり」「札幌国際芸術祭 2017」へ訪れた際はぜひ食べてみてほしいグルメがあります。他県ではなかなか味わえないグルメとなっているのでお忘れなく!

話題の「シメパフェ」を楽しもう!

最近テレビや雑誌などのメディアで取り上げられ、話題となっているのが札幌カルチャー「シメパフェ」です。シメパフェとはその名の通り、お酒を飲んだ後や食事をした後締めにパフェを楽しむというもの。

さらに2017年の夏は、札幌国際芸術祭と同時開催ということで会場でしか食べられないパフェも登場します。甘いものが好きな方、1日の最後はパフェで締めくくってみましょう!

Dining & Sweets SINNER(ダイニング&スイーツ シナー)

ダイニング&スイーツ シナーは、札幌市内で人気のシメパフェです。定番のキャラメルプリンカフェや季節ごとに内容が変わるプレミアムパフェがオススメ。

SIAF × MIRAI.ST(札幌国際芸術祭×ミライスト)

札幌国際芸術祭 2017との限定コラボパフェです。ミライスト自慢の濃厚なソフトクリームと酸味のあるフルーツがたまらない一品。

北海道を訪れたなら「ジビエ」は外せない!

高タンパク・低カロリーなことから、近年注目を浴びているジビエ。そして北海道では「エゾ鹿肉」を使用した料理が人気です。特に夏は、シカが若い木の芽や若草を春先に食べ栄養を蓄えていることから脂が乗り、肉の旨味を味わえる季節といわれています。

この夏は市内の料理店でぜひジビエを堪能してみてください。

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ