日本発「電球カクテル」を初体験!酒フェス 電気ソーダが7月28日から開催

  • 最終更新:
イルミネーション特集2017

利き酒し放題&飲み放題のイベント「酒フェス」が、2017年7月28日(金)~7月30日(日)の3日間、東京・芝浦のBBQ Lounge CRIBにて開催されます。そんな「酒フェス」で、韓国発・話題の「電球ソーダ」を日本風にアレンジした「電球カクテル」が酒フェスに登場!光る「電球カクテル」は、SNS映えもバッチリ。さらに会場では、バーベキューの食べ放題や流しそうめんも楽しめます。

「酒フェス 電気ソーダ」が7月28日から開催!

「酒フェス」は、ビール・日本酒・ワイン・焼酎・梅酒など、様々なアルコールをテーマにしたイベントで、全国各地で開催されています。スパークリング日本酒やクラフトビールなど、毎回アルコールのコンセプトを変えて、そのお酒を飲み比べ。お酒の新たな一面を見つけることを目的としています。

今回の「酒フェス」のテーマは「電球ソーダ」です。イベントでは、韓国発・話題の「電球ソーダ」を、日本発の「電球カクテル」として提供。マリブコークやブルーハワイ、モスコミュール、サングリアなど全10種類の“電球カクテル”のほか、ビール、焼酎の飲み放題を楽しみましょう。

韓国で大流行の「電球ソーダ」とは?

「電球ソーダ」とは、電球の容器にカラフルなソーダを入れ、付属のライトを光らせる韓国発信のかわいらしいドリンクです。見た目のインパクト、可愛さから、InstagramなどSNSへの投稿が大流行しています。

日本には2016年末に初上陸し、その後新しい店舗が続々登場。2017年夏の大注目ドリンクして、数多くのメディアにも登場しています。

10種類の「電球カクテル」が飲み放題!容器はインテリアにもぴったり

「電球ソーダ」の中身を、カクテルにした日本発のドリンク「電球カクテル」。夏らしいマリブコークやブルーハワイなどを中心に、女の子が大好きなカクテルが10種類登場します。

国内初となる公式の「電球カクテル」を誰よりも早く堪能しましょう。加えて、アルコールの入っていない電球ソーダも用意されているので、お酒があまり得意でない人も安心です。カラフルに光る「電球カクテル」や「電球ソーダ」はSNS映えも間違いなし。また、飲み終わった電球カクテルの容器は、持ち帰りも可能。インテリアとして飾るのがおすすめです。

カクテルのラインナップ

マリブコーク、モスコミュール 、カシスソーダ、ジントニック、カシスウーロン、ブルーハワイ、カシスオレンジ、アイスティーカクテル 、ウォッカトニック、サングリア

BBQと流しそうめんも楽しめる!

会場では、ドリンクのほかにも、バーベキュー食べ放題も開催。「電球ソーダ」や「電球カクテル」と一緒に味わいましょう。さらに天気が良ければ、流しそうめんも登場します。

イベント概要
名称:酒フェス流 電球ソーダ
日時:2017年7月28日(金)~7月30日(日)
※第一部/第二部 開催時間はチケットページに記載
場所:BBQ Lounge CRIB
住所:東京都港区海岸2-1-23 ベイサイドビル 1F
アクセス:
JR各線「浜松町」駅 南口徒歩8分
JR各線「田町」駅 芝浦口(東口)徒歩14分
参加費:3,500円(税込)※SNS割引特典あり
参加資格:満20歳以上
プラン:
時間内「電球カクテル」10種類&ビール、焼酎がフリードリンク、BBQビュッフェ、流しそうめん(晴天時のみ)
公式サイト:http://sakefes.jp/soda/

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ