「京の七夕」へのお出かけにもぴったり!七夕気分が満喫できる「嵐電・七夕電車」が運行中

  • 最終更新:
花火特集2017

“嵐電(らんでん)”の呼び名で親しまれる京都の電車・京福電気鉄道の嵐山本線と北野線にて「嵐電・七夕電車」が運行中です。期間は2017年8月16日(水)まで。車内は笹などで装飾されており、8月に開催される「京の七夕」へのお出かけにもぴったり。七夕気分が盛り上がることまちがいありませんよ。

「嵐電・七夕電車」が、7月7日(金)から運行スタート!

京都市右京区を走る京福電気鉄道は、「嵐電・七夕電車」の運行を、2017年7月7日(金)からスタートしました。運行区間は、嵐山本線(四条大宮~嵐山)、北野線(帷子ノ辻~北野白梅町)。この電車は、7月7日の新暦の七夕、「祈り」や「願い」をテーマとする「京の七夕」の開催に合わせ運行されるもので、電車内に飾られた笹飾りなどで、五節句のひとつである、日本の伝統行事・七夕の雰囲気が満喫できます。

「京の七夕」へお出かけの際にも!

「嵐電・七夕電車」の車体には「京の七夕」の会場のひとつ、「北野天満宮 北野紙屋川会場」の写真と「京の七夕」のロゴをラッピングされています。
「北野天満宮 北野紙屋川会場」へは、嵐電北野白梅町駅より徒歩約5分、また鴨川会場、堀川会場など、ほかの各会場へも嵐電から阪急電車、京都市営地下鉄、京都市バスなどに乗り継いで、便利に出かけることができますよ。

なお、「嵐電・七夕電車」は、「北野天満宮・北野紙屋川」会場の開催にあわせ、2017年8月16日(水)まで運行される予定です。お出かけの際にはぜひご利用ください。

「嵐電・七夕電車」詳細
運行期間:2017年7月7日(金)~8月16日(水)
※点検、整備のため運行しない日もあります。
運行区間:嵐山本線(四条大宮~嵐山)、北野線(帷子ノ辻~北野白梅町)
※嵐山本線もしくは北野線のいずれかを運行します(同日に両路線を運行することはありません。)

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ