殺人鬼が潜む廃倉庫に潜入!協力型ホラーイベント「サマー・キラー」が8月に開催

  • 最終更新:
紅葉特集2017

協力型ホラーイベント「Summer killer(サマー・キラー)」が、東京都江東区にあるASOBIBA新木場フィールドにて開催されます。開催日は、2017年8月18日(金)、19日(土)、20日(日)、25日(金)、26日(土)、27日(日)の6日間。最大7人のチームで協力して、ホラーゲームの世界でミッションに挑戦しましょう。夜のサバゲ―フィールドを活用した、新感覚のゲームで、今までに体験したことないスリルと興奮を味わってみませんか。

協力型ホラーイベント「Summer killer(サマー・キラー)」を東京都新木場で開催

東京都江東区にあるASOBIBA新木場フィールドで、協力型ホラーイベント「Summer killer(サマー・キラー)」が、2017年8月18日(金)、19日(土)、20日(日)、25日(金)、26日(土)、27日(日)の6日間限定で開催されます。

物語の舞台となるのは、怪しげな夜のサバゲ―フィールド。最大7名のチームで協力し、殺人鬼が潜む廃倉庫に潜入。様々なミッションにチャレンジしながら、殺人鬼が潜む廃倉庫からの脱出に挑戦します。

協力型ホラーイベントとは?

協力型ホラーイベントとは、複数人のチームで協力し、ホラーゲームの世界でミッションに挑戦する、新しいお化け屋敷の形です。従来のお化け屋敷のように、施設内を怖がりながら回遊するだけでなく、その空間の中で状況に応じて逃げ隠れしたり、制限時間の中で何か行動を起こしたりと、よりゲーム要素を強くしたイベントとなっています。

どんなゲームなの?

「サマー・キラー」は、チーム全員で、殺人鬼の住む倉庫に潜入する、協力型ホラーゲームイベントです。
謎の失踪事件が多発している東京で、何者かから送られてきた“監禁された女性の姿が映し出された”1本のビデオを見た者同士が、女性を助ける為、倉庫に潜入することを決めるという設定のもと、最大7人1チームで殺人鬼が潜む廃倉庫に潜入し、無事に生還を目指すというもの。制限時間は3時間です。
イベント中は、様々な恐怖やミッションが用意されており、ステージを進める毎にストーリーが展開。まるで自分が映画の世界に入り込んだような没入感を体験できます。敵に見つからないよう、隠れたり、探したり、登ったり!自らの頭脳と肉体をフル回転させて、女性の救出と脱出を仲間と共に目指してください。

イベント詳細
イベント名:「Summer killer(サマー・キラー)」
会場:ASOBIBA新木場フィールド
住所:東京都江東区新木場1丁目2-17
期間:2017年8月18日(金)~20日(日)/25日(金)~27(日) 計6日間、
時間:1日2公演:各日16:00~19:00 /19:00~22:00
参加料金:4500円
※予約は公式サイトにて受付中。
※当日券は現地での精算となります。参加枠の状況により参加いただけない可能性もあります。
※15歳以下(中学生不可)の方は参加できません。参加申し込みの前に必ず公式サイトの注意事項を確認下さい。
公式サイト:http://summerkiller.asobiba-tokyo.com/

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ