ポーラ美術館「情熱のピカソ・ウィーク」で芸術を堪能。夏休みはピカソに親しもう

  • 最終更新:
紅葉特集2017

2017年8月11日(金)から8月20日(日)の夏休み期間中、ポーラ美術館でピカソにフォーカスしたイベント、「情熱のピカソ・ウィーク」が開催されます。美術鑑賞会、ギャラリートークやデコパージュ体験のほか、箱根ならではの自然観察も楽しめる盛りだくさんなイベントです。

「情熱のピカソ・ウィーク」期間中、小中学生の入館が無料に!

「情熱のピカソ・ウィーク」は、8月11日(金)〜20日(日)までの開催です。期間中は、小中学生の入館が無料になります。対照的な画家ピカソとシャガールに光を当てる世界初の美術展、この機会に訪れてみてはいかがでしょうか。さまざまなイベントが用意されています。

夏休み子ども美術鑑賞会

学芸員と子どもたちが同じ目線で対話をしながら作品を鑑賞し、自由な発想を引き出す「対話型ギャラリートーク」です。「ピカソとシャガール 愛と平和の讃歌」展の会場をめぐります。実物の作品に楽しく触れる絶好の機会ですね。

日時:8月11日(金)10:00〜12:00
会場:ポーラ美術館 講堂および展示室
対象:小学校3年生から6年生
定員:児童30名( 定員になり次第締切。)
参加費:無料 参加する児童は入館料無料、保護者は1名まで無料、追加1名につき1,500円。※駐車料金は別途500円)
参加方法:電話またはHP(問い合わせフォーム)より事前申込。参加者氏名(ふりがな)・学年・保護者氏名(ふりがな)・住所・電話番号(またはメールアドレス)を明記してください。
締切:8月7日(月)

開館15周年記念特別講演会 「30年代のピカソ ― 愛と怒りの造形とルーツ」

ファシズムの台頭とスペイン内戦の勃発。ヨーロッパが迫りくる第二次世界大戦の不安に覆われた1930年代、パブロ・ピカソはいかにして、その波に立ち向かったのでしょうか。《ゲルニカ》制作の経緯やシャガールとの知られざる交流について、ピカソ研究の第一人者である大髙先生を招いての講演会が開かれます。

日時:8月12日(土) 14:00〜15:30(開場13:50)
講師:大髙保二郎(早稲田大学名誉教授)
会場:ポーラ美術館 講堂
定員:先着100名
参 加 費:無料 ※要当日入館券

箱根彫刻の森美術館×ポーラ美術館 学芸員によるクロストーク 「ここがすごいぞ!ピカソトーク!」

日本最大のピカソ・コレクションを有する2つの美術館、彫刻の森美術館とポーラ美術館の学芸員が、ピカソ作品の魅力について語り合うクロストーク。彫刻の森美術館とポーラ美術館の両館にて計2回開催されます。

日時:8月13日(日)14:00〜15:00(受付13:50~) ポーラ美術館 講堂および展示室
8月20日(日)13:30〜14:30(受付13:20~) 彫刻の森美術館 ピカソ館
講師:黒河内卓郎(彫刻の森美術館 学芸員) 東海林洋(ポーラ美術館 学芸員)
定員:各回先着30名
参 加 費:無料 ※要当日入館券

夏休み子ども自然観察会

夏の木漏れ日につつまれた遊歩道を、植物や動物などの豊富な知識をもつネイチャーガイドスタッフと散策します。

日時:8月15日(火)・16日(水) 11:00〜12:00 14:00〜15:00
会場:遊歩道(荒天中止)
定員:各回先着20名様 大人の方も参加可
参 加 費:無料 ※要当日入館券
協力:箱根ビジターセンター

夏休みクラフト体験「デコパージュで作るオリジナルフレーム」

ピカソの絵画をイメージしながら、フレームを好きな模様に装飾するワークショップ。出来上がったフレームに、好きなピカソのポストカードを飾って持ち帰ることができます。

日時:8月17日(木)・18日(金)11:00〜15:00 随時受付
会場:1階 ミュージアムショップ
参 加 費:600円 (材料費・ポストカード代含む)

スパニッシュ・コネクション・コンサート

フラメンコ・ギター、ヴァイオリン、タブラといった楽器と共に、音楽で旅をするというコンセプトのもと、2000年に結成されたスパニッシュ・コネクション。スペイン/フラメンコ音楽を中心に、情熱的なライブを開催します。

日時:8月19日(土)17:00〜18:00
出演:スパニッシュ・コネクション
伊藤芳輝 (Yoshiteru Ito) - Guitar/ 平松加奈 (Kana Hiramatsu) - Violin /吉見征樹 (Masaki Yoshimi) - tabla
会場:地下1階 カフェ チューン
定員:100名
参 加 費:無料※要当日入館券
参加方法:事前申込制 HPより申し込み

香水作りワークショップ「香りの教室」

香りの専門家を講師に招き、香りのメカニズムや香料について学びながら、オリジナル香水作りを体験できます。

日時:2017年8月20日(日)14:00〜15:30
講師:山本めぐみ(ポーラ化成工業株式会社横浜研究所 研究員)
会場:ポーラ美術館 講堂
定員:先着20名
参 加 費:1,500円 (アトマイザー付)
参加方法:事前申込制 HP(お問い合わせフォーム https://www.polamuseum.or.jp/home/inquiry/ )より申し込み

特別クイズシート「ピカソとシャガールからの挑戦状」

期間中、ピカソとシャガールにまつわるクイズシートを受け付けカウンターで配布されます(小中学生対象)。イラスト化された絵の一部をヒントに、展覧会場で本物の作品を探し、楽しみながらじっくりと鑑賞しましょう。

「ピカソとシャガール 愛と平和の讃歌」について

絵画の革新に挑み続け、力強い線描により対象を激しくデフォルメする「破壊と創造の画家」として知られるパブロ・ピカソ。そして、あざやかな色彩により絵画を光で満たし、生涯にわたって自身の人生の物語や故郷の風景を主題に取り組んだ、「物語と色彩の画家」シャガール。
ポーラ美術館開館15周年記念展「ピカソとシャガール 愛と平和の讃歌」では、20世紀の芸術を牽引した対照的な二人による約80点の作品を展覧し、二人の芸術の本質に迫ります。

会期:2017年3月18日(土)~9月24日(日)※会期中無休
開館時間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)
会場:ポーラ美術館
所在地:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
電話:0460-84-2111
公式サイト:http://www.polamuseum.or.jp/

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ