「思いやり」の新スポーツ、フレスコボールとは!?三浦海岸で体験&大会も開催!

  • 最終更新:
花火特集2017

ブラジル生まれの新しいスポーツ、「フレスコボール」を知っていますか?今までのスポーツとは違った「思いやりのスポーツ」と言われるフレスコボールは、徐々にファンを増やしつつあります。この記事では、フレスコボールの魅力と実際に体験できる場所についてもご紹介します!

ブラジル生まれのビーチスポーツ、フレスコボールとは?

フレスコボールは1945年、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロのビーチで考案されました。発祥から約70年。世界のさまざまなビーチで親しまれてきました。近年ではスペインやイタリアなどのヨーロッパ、オーストラリアやニュージーランド、アメリカではフロリダやカルフォルニアといった西海岸でも広くプレーされています。日本では2013年に「日本フレスコボール協会」が設立され、フレスコボールの魅力を多くの人に伝えようと活動しています。

「思いやり」がルール

テニスや卓球などラケットを使うスポーツでは、相手を打ち負かしポイントを入れることで勝負を決します。対してフレスコボールは、味方同士でラリーを続けることがポイントになります。思いやりを持って、相手の打ちやすい所へとボールを打ち返すことが重要。相手と積極的にコミュニケーションを取りながら、お互いのことを考えてプレーするスポーツです。

用意するのは2枚のラケットとボール、そしてパートナー。大会時にはペアでボールを打ち合い、ラリー回数やテクニックを披露し、採点が行われます。基本は1試合5分間。ペア同士の距離は最低7メートルです。試合には必ず審判がつき、大会ごとの基準にもとづいて採点、加点を行います。

この夏、三浦海岸でフレスコボールを体験!

ちょっと気になるけれども、まずはラケットがない!という方は、神奈川県の三浦海岸へ!海の家『夏小屋』特設会場にて、ラケットを無料で貸し出しています。

夏のビーチで体を動かして、フレスコボールの魅力に触れてみませんか?

7月23日(日)には大会も開催!

7月23日(日)には、フレスコボールの大会「第2回フレスコボールGifut CUP」も開催されます。フレスコボール経験者はもちろんですが、初心者も参加できる大会になっています。日本代表のメンバーとの練習会も実施されるので、ラリーが続く楽しさ、喜びを感じられますよ!同じ時間を共有して、楽しむことで新たな仲間も見つかるかもしれません。

参加申し込みは22日の18時まで!なかなかないこの機会、夏の1日を過ごすのにぴったりです。

【※重要なお知らせ※】
当初会場を予定しておりましたGLAMPING@BEACH.腰越海岸が、腰越海水浴場組合と鎌倉市役所の協議の結果、条例に基づき腰越海岸では開催許可が下りませんでした。皆様にはご迷惑をおかけし、せっかくお申し込みをいただいたのにも関わらず、大変申し訳ございません。なおGifut CUPは会場を変更し開催をいたします。詳細はFacebookイベントページをご覧ください。

第2回フレスコボールGifut CUPのFacebookページはこちら!


【開催概要】
第2回フレスコボールGifut CUP
開催時間:13:00~17:00
場所:海の家『夏小屋』特設会場@三浦海岸
参加費:3,000円 ※海の家利用料含む
主催:株式会社Gifut
公式Facebookイベントページ:http://u0u0.net/EyRD

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ