人気アニメ「黒執事」と富士急ハイランドが8月1日より期間限定コラボイベントを開催!

  • 最終更新:
紅葉特集2017

人気のテーマパーク富士急ハイランドにて、「富士急ハイランド×黒執事 Book of the Atlantic ~その執事、絶叫~」が、8月1日(火)~10月1日(日)の期間限定で開催されます。黒執事ファンの方は必見!のイベントです。

女性人気が高い「黒執事」と「富士急ハイランド」のコラボって?

「黒執事」は、テレビアニメ化や実写映画化のほか、2017年1月には劇場版アニメが公開され、2535万人以上を動員している人気作品です。主人公のシエル・ファントムハイヴと、彼と契約した悪魔の執事セバスチャン・ミカエリスが、数々の難問事件を解い解決していくダークファンタジーミステリー。そんな、大人気作品の黒執事と富士急ハイランドが特別イベントスペースでコラボしさまざまな体験を提供してくれます。

「黒執事」の世界を体感できるアトラクション!

イベントの期間中は、「絶凶・戦慄迷宮」横の一帯に黒執事エリアが登場します。

黒執事ホラーアトラクション「黒執事×絶凶・戦慄迷宮」

暗闇の屋敷内で動く死体「ビザール・ドール」から逃げながら、出口をめざすウォークスルー型のアトラクションです。スタート時のプレショー映像では、執事セバスチャンと主人シエルの掛け合いが楽しめます。

・所要時間:約15分
・利用料金:400円(フリーパス利用可)

黒執事ボイスドラマアトラクション「黒執事 Book of Highland」

人気声優が演じるキャラクターたちのオリジナルボイスドラマを、臨場感あふれるヘッドホンで楽しめます。こちらは8月中旬オープンの予定です。
・所要時間:約5分
・定員:10名/回
・利用料金:400円(フリーパス利用可)

黒執事フォトスポット

フォトスポットとして、「シエルの執務室」と「棺が無数に並ぶ空間」をイメージした部屋などがオープンします。描き下ろしオリジナルビジュアルの巨大フォトスポットも登場。自由に撮影が可能です。

黒執事ARスタンプラリー

エリア内の各所に設置されたキャラクターパネルをARアプリ「ARAPPLI」で読み込むと、画面上にARキャラクターが表示され、一緒に写真を撮ることができます。ARキャラクターはアプリ内に画像データとして残るため、イベント終了後でも、どこでも一緒にキャラクターと写真を撮影することができます。

オリジナルグッズ販売

エリア内の売店「慈急堂薬局」では、このイベント限定の缶バッジやクリアファイル、トートバッグなどが販売されます。

富士急ハイランド駅も黒執事仕様に

イベント期間中は、富士急行線富士急ハイランド駅が黒執事仕様に装飾されます。ウェルカムバナーやフォトパネルが設置されるほか、執事セバスチャンの駅到着アナウンスも楽しめます。車で来ても入場券を買えば駅に入れるので、ファンはこちらもお見逃しなく。

イベント詳細

イベント名:富士急ハイランド×黒執事 Book of the Atlantic ~その執事、絶叫~
開催期間:平成29年8月1日(火)~10月1日(日) ※一部アトラクションの営業開始が遅れる可能性があります
実施エリア:「絶凶・戦慄迷宮」(一部)および「血に飢えた病棟」を含む周辺一帯

富士急ハイランド情報

営業時間:平日 9:00~17:00、土休日 9:00~18:00(※季節により異なりますので、詳しくはWEBサイトをご覧ください。)
休園日:8、9月は休園日なし
入園料:おとな(中学生以上)1,500 円、こども(3 才~小学生)900 円、フリーパス:おとな 5,700 円、中高生 5,200 円、こども 4,300 円
交通
車:新宿から中央自動車道で約 80 分、河口湖 IC に隣接、東京から東名高速道路・御殿場 IC、東富士五湖道路経由で約 90 分
バス:新宿から高速バスで約 100 分、富士急ハイランド下車、東京駅から高速バスで約 110 分、富士急ハイランド下車
※首都圏の他、名古屋、関西等、30 ヶ所以上から直通バス運行中
電車:JR 中央本線大月駅で富士急行線に乗換富士急ハイランド駅下車、大月駅から約 50 分

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ