お江戸の夏の風物詩、金魚の魅力を堪能する「東京金魚ワンダーランド」

  • 最終更新:
紅葉特集2017

すみだ水族館では、2017年7月10日(月)よりお江戸の金魚の夏まつり「東京金魚ワンダーランド」が開催されます。全長100メートルという日本最大級の金魚展示エリア「江戸リウム」に集められる金魚は、なんと20種1000匹。そのほかにも、和の風情が漂う金魚ちょうちん、伝統飴細工師による金魚の飴細工などで、江戸情緒をたっぷり味いましょう!

お江戸の金魚夏まつり「東京金魚ワンダーランド」

すみだ水族館で開催される、お江戸の金魚の夏まつり「東京金魚ワンダーランド」。江戸時代に盛んに養殖されて浮世絵にもしばしば登場した金魚は、夏の風物詩として庶民に親しまれていました。

今回、江戸をテーマにした金魚展示エリア「江戸リウム」に集められる金魚は、およそ20品種1000匹。さらに、ホテル雅叙園東京で開催される「和のあかり×百段階段2017」の協力により、金魚ちょうちん発祥の地山口県柳井市の職人が一つ一つ手作業で制作した150個の金魚ちょうちんが登場。まさに金魚づくしの展示ですね。

“日本の夏”を文化財で楽しめる「和のあかり×百段階段展」が7月1日(土)より開催

https://asoview-news.com/article/12162/

精巧に作られた10種の金魚 「金魚の飴細工」

日本随一の技術を誇る伝統飴細工専門店、浅草・飴細工『アメシン』が、今回のイベントのために金魚の飴細工10種を制作します。精巧に作りこまれた飴細工は、色やひれの形など、それぞれの品種の特徴を忠実に再現。金魚の美しさはもちろん、日本の伝統技術にふれましょう。

展示場所:すみだステージ付近

体験プログラム「きんぎょ色あわせ」

金魚の形をした台紙に5色のチップを貼って、金魚の模様を作る体験プログラムです。 好きな金魚をじっくり観察して、うろこが重なり合って生まれる美しい金魚の色合いを再現してみましょう。

開催時間:各日11:00~16:00(最終受付15:30)
参加定員:各日200名 ※定員になり次第終了
開催場所:すみだステージ
※7月30 日(日)はイベントのため非開催

金魚ソーダに金魚ソフトクリームも!

金魚ソーダ ~金魚鉢付き~

金魚をイメージしたフルーツカクテルとベリーを入れた、爽やかな甘さの期間限定ドリンク。金魚鉢型の容器は、持ち帰れます。

販売場所:ペンギンカフェ
販売価格:750 円(税込)

金魚ソフトクリーム

金魚の赤をイメージしたラズベリー味のソフトクリームです。

販売場所:ペンギンカフェ
販売価格:360 円(税込)

浴衣で来館すると特典あり!

期間中は「ゆかたde 水族館 supported by 東京スパフェス」として、浴衣で来館した方には金魚をイメージした赤いスパークリングワインが特別価格で提供されます。1日限定700杯ですので、お早めにどうぞ。

実施場所:ペンギンカフェ
販売価格:300円(税込) ※通常600円(税込)

サマーナイトプロジェクションマッピング「ペンギン花火」

すみだ水族館のペンギンのプール型水槽は、屋内開放型として日本最大級。期間中、この水槽の底面に花火の映像を投影して音楽とともに楽しむ約8分間のプログラムが楽しめます。
※いきものの体調等により開催しない場合があります。
※イベントなどのため、時間を変更する可能性があります。

開催時間:18:30~、20:30~(各回約8分)

金魚と並ぶ夏の風物詩、花火が楽しめるプロジェクションマッピング、お江戸の夕涼みにぴったりの企画ですね。

イベント詳細
企画名:お江戸の金魚の夏まつり「東京金魚ワンダーランド」
会期:2017年7月10日(月)~8月31日(木)
会場:すみだ水族館
所在地:東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ5F、6F
開館時間:9:00~21:00
休館日:なし
公式サイト:http://www.sumida-aquarium.com/

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ