彦星ミッキー&織姫ミニーと星に願いを!ディズニー「七夕グリーティング」レポート!

  • 607 |
  • 最終更新:
花火特集2017

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーでは、6月15日(木)~7月7日(金)までの23日間、日本の伝統的な行事である“七夕”をテーマとしたスペシャルプログラム、「ディズニー七夕デイズ」を開催中です。

そのメインとなるプログラムが、ミッキーマウスとミニーマウスが彦星と織姫をイメージした新しいデザインのコスチュームで登場する「七夕グリーティング」。東京ディズニーランドでは人力車に乗ってパレードルートに登場、東京ディズニーシーでは特別な船に乗ってメディテレーニアンハーバーを周遊する、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーで違う「七夕グリーティング」をレポートします!

東京ディズニーランドの「七夕グリーティング」~約25分間のミニパレード!

東京ディズニーランドの「七夕グリーティング」は、いわゆるパレードルートで実施します。公演回数は1日2回で、実施時間は約25分間。パレードルートで停止することはなく、ミッキーをはじめ、ディズニーの仲間たちがゆっくりあいさつに来る通過型ミニパレードです。

彦星ミッキー&織姫ミニーが、七夕でおなじみの曲に乗せてグリーティング!

ミッキーマウスとミニーマウスは、彦星と織姫をイメージした新しいデザインのコスチュームを身にまとい、人力車に乗ってゲストの前に登場します。ディズニーの仲間たちは、それぞれ違った七夕の飾りを持って、七夕でおなじみの曲に乗せてグリーティングします。

今年の新コスチュームは、七夕らしく星をモチーフとした華やかなデザイン!

今年のミッキー、ミニーの新しいコスチュームのポイントは、日本の伝統行事である七夕にふさわしいデザインを採用。“和”の雰囲気を大切にしながらも星をモチーフとしたデザインで、星に願いをかける七夕にぴったり。従前のそれに比べても華やかなデザインです。

総勢32名がパレードルートに! ディズニーキャラクターが勢ぞろい!

出演キャラクターは、ミッキー&ミニーを筆頭に、ドナルドダック、デイジーダック、プルート、グーフィー、チップ、デール、クラリス、マックス、ラプンツェル、フリン・ライダー、ベル、王子、白雪姫、プリンス、シンデレラ、プリンス・チャーミングと、ディズニーの仲間たちが勢ぞろい! 総出演者の数は32名にもなる、豪華なミニパレードです。

鑑賞ポイント! 最前列で鑑賞すると、キャラクターと至近距離で楽しめる!

東京ディズニーランドの「七夕グリーティング」は、パレードルートに沿って登場するため、最前列で鑑賞するとディズニーの仲間たちと至近距離で楽しめます。運がよければ目前まで近寄って来ることもあるので、早めに行って場所を取ってスタートを待ってみて!

東京ディズニーシーの「七夕グリーティング」~ハーバーを周遊する水上ショー!

一方、東京ディズニーシーの「七夕グリーティング」は、メディテレーニアンハーバー上で公演する水上ショー。実施回数は1日3回で、実施時間は約12分間。メディテレーニアンハーバーを周遊して、七夕の到来、そしてゲストと一緒に星に願いをかけるショーです。

彦星ミッキー&織姫ミニーのほか、大人気のダッフィーとシェリーメイも登場!

彦星と織姫をイメージした新しいデザインのコスチュームのミッキー、ミニーをはじめ、ディズニーの仲間たちやプリンスとプリンセスたちが一緒に船に乗って、七夕でおなじみの曲とともに登場。みんなの夢がかなうように願いをかけながらグリーティングをします。

総勢8名がメディテレーニアンハーバーに! TDSならではの独創的なショー

ショーの出演者数は合計8名と少なめながら、ミッキーマウス、ミニーマウス、ダッフィー、シェリーメイ、アラジン、ジャスミン、アリエル、エリックという大人気のメンバーが登場します。東京ディズニーシーでしか会えないキャラクターもいるので、必見ですね!

鑑賞ポイント! 基本的にあらゆる場所で鑑賞がOK! 遠目でも十分楽しめる!

東京ディズニーシーの「七夕グリーティング」は、メディテレーニアンハーバー上で公演するため、基本的にどのエリアで鑑賞しても楽しめます。東京ディズニーリゾート全体が七夕の雰囲気一色に変わる「ディズニー七夕デイズ」は、7月7日(金)まで開催中です!

(C) Disney

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ