親子で楽しめる TOKYO MID TOWN KIDS WEEKS 2017 開催!

  • 422 |
  • 最終更新:
花火特集2017

東京ミッドタウンでは、2017年7月14日(金)から8月31日(木)までの間「TOKYO MID TOWN KIDS WEEKS 2017 ~デザイン&アートで楽しむ夏~ 」が開催されます。夏休みの自由研究にはもちろん、親子で参加できるイベントとなっているので、夏の楽しい思い出作りも兼ねてお出かけしてみてはいかがでしょうか?

TOKYO MID TOWN KIDS WEEKS 2017

Photo:Ars Electronica Martin Hieslmair

TOKYO MID TOWN KIDS WEEKS 2017 ~デザイン&アートで楽しむ夏~ は、ホテルや文化施設、ショップ&レストランなどが集まる複合施設「東京ミッドタウン」で開催される親子を対象にした体験型イベントです。

毎年人気のある子供向けスタンプラリーに加え、今年は世界的なクリエイティブ機関「アルスエレクトロニカ」とタッグを組み様々なワークショップ、自由研究にもいかせる展覧会など、知的好奇心を育む楽しいイベントの数々が開かれます。

アルスエレクトロニとは?

Photo:Ars Electronica Martin Hieslmair

アルスエレクトロニは、オーストリアのリンツ市を拠点に40年近く「先端テクノロジーがもたらす新しい創造性と社会の未来像」を提案し続けている世界的なクリエイティブ機関です。

開業10周年を迎えた東京ミッドタウンとは今後10年の新たな取り組みとして、イベント参加者と共に未来の社会について考えていく共同プロジェクトが実施される予定となっています。

未来の学校「もしも展 -視点を変えてみる世界- 」

未来の学校「もしも展 -視点を変えてみる世界- 」は、東京ミッドタウンとアルスエレクトロニカの共同プロジェクトです。

それはデザインやアートを通じて学校では教えてくれない未来のことを考える学びの場。今回は、物事を様々な視点から見るという感覚が培えるワークショップが用意されています。

Everything(エブリシング)

美しい3次元コンピューターグラフィックスを用い、視点の違いを体感できるゲーム作品です。もしも自分がてんとう虫だったら。もしも自分が鳥だったら。もしも自分が惑星だったら。一体何を感じて何を思うのでしょうか?

SWITCH(スイッチ)

子供たちが自分自身の将来について考えるきっかけになればと思い考案されたワークショップ、SWITCH(スイッチ)。「現在」と「未来」、2枚の絵を描き、人体感知センサーでその2つの絵が切り替わるというお絵かきボードを製作します。

■イベント詳細
期間:8月18日(金)〜20日(日)
時間:11:00〜18:00 ※予約不要
場所:東京ミッドタウン館内
料金:内容によって異なる

みんなで作ろう日本の夏

みんなで作ろう日本の夏は、親子で楽しむことのできるワークショップです。アートやデザインに触れて感性を磨き、さらにもの作りの楽しさも体験してみましょう!

あおいで泳いでさかなくん!

パチックやロウ染めといった技法・色紙を用い、世界に1つだけのオリジナルうちわを作ることができます。選べるうちわの形はさかな型をしており、可愛くて魅力的。完成したうちわでこの夏優雅に涼んでみてください。

親子でつくろう!あつめてぺったんサマーリース

貝や魚といったパーツを選んでオリジナルのサマーリースを作ることができます。こちらは親子で工作を楽しむのにうってつけのワークショップ。夏の思い出作りに子供と一緒に素敵なサマーリースを製作してみてはいかがでしょうか?

■イベント詳細
期間:8月11日(金・祝)〜13日(日)
時間:11:00〜18:00 ※無くなり次第終了・予約不要
主な対象年齢:未就学児〜小学3年生程度
場所:プラザB1F「無印良品」前
料金:内容によって異なる

キッズスタンプラリー ぺたぺたびじゅつかん 〜おもしろびじゅつワンダーランド2017〜

キッズスタンプラリー ぺたぺたびじゅつかんは、サントリー美術館で開催されている「おもしろびじゅつワンダーランド2017」の展示作品をスタンプにし、それらを集めてオリジナルのうちわを完成させるといった子供向けスタンプラリーです。

全て集めるとそのうちわだけでなく、オリジナルのシールももらえるのでぜひチャレンジしてみてください!

■イベント詳細
期間:7月14日(金)〜8月31日(木)
時間:11:00〜18:00
対象:小学生以下
場所:東京ミッドタウン全域
料金:無料
公式サイト:http://www.tokyo-midtown.com/jp/

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ