体験型プログラムが100以上!東京国際フォーラム「丸の内キッズジャンボリー2017」開催

  • 最終更新:
紅葉特集2017

8月15日(火)~8月17日(木)の期間中、東京国際フォーラムで子ども向け参加型イベント「丸の内キッズジャンボリー2017」が開催されます。今年で11回目を迎えるイベントでは、子どもたちの好奇心刺激する多彩なプログラムを100以上も展開。夏休みのお出かけにおすすめですよ。プログラムの一部をご紹介します。

今年初登場!注目の新プログラム

「スポーツ雪合戦教室」

真夏なのに雪合戦で遊べます。的に雪を投げて点を競う投てきイベントのほか、日本発祥のスポーツ雪合戦教室も実施されます。季節はずれの雪に、子どもたちは大喜び間違いなしです。

「チャレンジ!きみも園芸デザイナーだ!」

小型のコンテナで寄せ植えを楽しみましょう。使うのは東京産の植物です。バランスを考えながら植えるのが楽しいですよ。コンテナごと持ち帰ることができるので、自宅での管理方法も覚えてくださいね。

「キッズフリーマーケット」

フリーマーケットに入れるのは子どもだけ。大人立ち入り禁止、子どもによる、子どものためのフリーマーケットです。掘り出し物をさがしましょう。

いろいろな地域や⽂化を知って交流しよう!

特設展示コーナーで宮城県気仙沼市・南三陸町戸倉、伊豆諸島の⼦どもたちが復興の状況や取り組みを報告。ステージでは南三陸町戸倉の伝統芸能「⿅⼦躍(ししおどり)」が披露されます。特産品販売も要チェックです。

今年もやってくる!人気の定番プログラム

「ぼうさい体験!キッズ消防隊」

消防隊員になりきって消火やレスキュー体験にチャレンジしましょう。楽しみながら防災について学べるコーナーが充実しています。起震車や煙体験ハウスで命を守る方法を学べますよ。

「警視庁騎⾺隊がやってくる!乗⾺体験をしてみよう」

めったに見られない警視庁騎馬隊が登場します。可愛くて賢い馬たちと触れ合いましょう。馬に乗り、記念撮影が可能です。保護者もカメラを持って見学できます。

「NO LIMITS CHALLENGE」

パラリンピック競技を体験しませんか?実際に体験すれば、その難しさと面白さが分かるはず。主催は東京都で、競技写真の展示も実施されます。

「本物のパトカーや⽩バイと記念撮影!」

制服を着て、本物のパトカーや白バイと写真を撮りましょう。白バイにまたがることもできますよ。警視庁のキャラクター、ピーポくんと交通安全や防犯を学んでください。

「こちら親⼦新聞編集室」

ベテラン記者が新聞づくりを教えます。新聞から記事や写真を切り抜き、自分だけの新聞を作ってください。レイアウトや見出しの付け方のアドバイスを受けられます。

「キッズステージ」

さまざまな分野のアーティストがステージでパフォーマンスを繰り広げます。音楽やダンスで会場を盛り上げますよ。

「ワンダーキャンパス」

子どもたちが知恵を絞り、未来につながるアイデアを出し合います。今年のテーマは“デザイン”。食べ物、街、大自然、動物、宇宙など、多岐にわたって考えます。

「ダンボール迷路で遊ぼう」

段ボールを組み立てた巨大迷路に飛び込みましょう。出口を目指して右往左往、昨年登場して大好評だった催しです。

ご紹介したほかにも、面白いプログラムが満載ですよ。事前申込みが必要なプログラムは、7月11日(火)から受付がはじまります。ぜひ公式サイトをご確認ください。

開催概要
「丸の内キッズジャンボリー2017」
開催日時:2017年8月15日(火)~8月17日(木)10:00〜17:00
会場:東京国際フォーラム(東京都千代田区丸の内3丁目5−1)
料金:無料 ※プログラムによって材料費などの実費負担があり。
※プログラムによっては、事前申込または当⽇配布する整理券が必要です。
事前申込:7月11日(⽕)10:00〜7月24に妓(⽉)17:00まで公式サイトにて受付。
抽選結果は7月31日(⽉)までに申込の⽅全員にメールで連絡。
TEL:03-5221-9630  ※平⽇10:00〜17:00
公式サイト:www.tif-kids.jp/2017/

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ