五感で感じるエンターテインメント!「フエルサ ブルータ」が最新作を東京にて初公開!

  • 484 |
  • 最終更新:
花火特集2017

アルゼンチンのパフォーマンス集団「フエルサ ブルータ」が、日本にインスパイアされた最新作「WA!-Wonder Japan Experience」を東京・ステラボールにて世界初公開します。日程は、2017年8月1日(火)~9月30日(土)まで。常識と重力を凌駕する、究極の体験型エンターテインメントがついに"日本"と融合。「外国人が見た日本」をテーマに、迫力ある壮大で美しいパフォーマンスが繰り広げられます。まだ体験していない方は、この機会にぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

フエルサ ブルータとは?

「フエルサブルータ」は、地球の裏側にあるアルゼンチンのブエノスアイレスで、2002年に、ディキ・ジェイムズを中心として結成された舞台芸術集団です。劇団名はスペイン語で「獣の力」の意味。本拠地ブエノスアイレスはもちろん、ニューヨークでの約10年間に及ぶロングラン公演など、これまで世界 30カ国・60都市以上で、500万人以上の観客を魅了してきました。

さらに、レオナルド・ディカプリオ、ビヨンセ、ジェシカ・アルバ、ジュード・ロウなど、数多くのクリエイターやモデル、ミュージシャンなどのセレブリティもこぞって鑑賞。歌手アッシャーが、公演に出演、また、自らのミュージックビデオとコラボしたり、2006年には、Nike+iPod製品のCMとコラボレーションするなど、様々なアーティスト・クリエイターたちにも影響を与え続けています。

また、芸術監督のディキ・ジェイムズ氏は、2010年に開催されたアルゼンチン建国200周年記念パレードや、2016年のリオのカーニバルのパレードなどの演出も行っています。

どんな内容なの? 2014年の来日公演ってどうだった?

芸術監督のディキ・ジェイムズはフエルサブルータ結成前に「ビーシャ・ビーシャ(Villa Villa)」というパフォーマンスで世界的に話題となり、2003年には、東京の旧赤坂 ACT シアターを解体前に改造して日本で上演、約5万人を動員し、注目を集めました。
そして、2014年に初来日を果たした「フエルサブルータ」は、その機構が特殊なため特設会場を建設し、公演が実現しました。

「フエルサブルータ」の演目では、セットが固定されておらず、シーンが変わる度に次々と新たなセットが出現するのが大きな特徴です。パフォーマーは空中を駆け巡り、壁を突き破り、さらには、頭上に迫りくる巨大プールが降りてくるなど、約70分間、目の前で驚きの光景がものすごいスピード感で展開されていきます。明確な「言葉」や「ストーリー」は存在せず、次々繰り広げられる迫力ある壮大で美しいパフォーマンスに魅了され、いつの間にか自分もその世界の一部になったように惹きこまれます。そんな常識と重力を凌駕する驚愕のツイートや写真がSNSに溢れ、チケットは入手困難に。最終的には、約6万人が来場し、大好評のうちに閉幕しました。

世界初披露される最新版のフエルサブルータ「WA!」とは?

芸術監督のディキ・ジェイムズは、今回の「WA!」にあたり「フエルサブルータ」の骨子は残しつつ、世界で上演したことのない最新バージョンを上演することを決意。タイトル「WA !」は、「和風」であり「調和」、「平和」であり「輪」、驚きのWAと、この作品を世界に向けて発信することが意識されされたものです。

昨年末には、芸術監督のディキ・ジェイムズ自らが来日。オーディションが開催されました。数日間のオーディションを経て、世界中から参加した人たちの中から、今回の公演にふさわしい逸材のパフォーマーたちが選ばれました。

ディキ・ジェイムズの演出には言語もなければ、国籍も関係なし。肉体的にも演技面でも表現が優れているかどうかが鍵となります。2020年という日本が大きく注目されていく時代を前に、世界的に影響を与えた演出家のDNAが日本人パフォーマーを中心としたカンパニーに注入されます。

「WA!」ってどんな演目になるの?

ディキ・ジェイムズが、日本を題材にした新作の制作を始めたのが2009年。まずは東京で世界初演を行いNYやラスベガス、マカオ、ブエノスアイレスなど世界各地で上演を行っていく構想を考え、東京公演実現に向けての努力を始めました。以降ディキ・ジェイムズは8年間に渡り日本文化の取材を続けて、アイデアを練ってきました。

ディキ・ジェイムズの「WA!」における創作のビジョンは、自身の体験と日本文化への敬愛から沸き上がったもの。ビジョンを実現するために、2014年の来日公演でもお馴染みとなったランニングマシーンやSNSを沸かせた宙を浮く透明な巨大プール、そして全く新しい装置も、今回の公演のために数多く制作されました。しかし、それらは人間から"フエルサ ブルータ"(獣のような力<獣力>の意)を引き出すための道具にすぎません。極限まで研ぎ澄まされたキャストたちの肉体と爆発的なアクションによって「獣力」を放ち、未知の世界へと誘います。

観客はオールスタンディング。パフォーマーは空中を駆け巡り、壁を突き破り、頭上に迫りくるプールから観るものを誘惑します。セリフのないノンバーバルパフォーマンスと立て続けに繰り出される爆発的なアクションと宙を舞う躍動感、日本の伝統音楽にビートが絡むダイナミックなダンスミュージック。「フエルサ ブルータ」の世界と日本文化が化学反応を起こし、息もつかせぬスピードで展開される狂気的な美しさと、予想を裏切るインパクトが続きます。「外国人が見た日本」をベースとしながら、日本人も、日本に誇りを持てる最先端のパフォーマンスに仕上がっています。初めて目にするJAPONの姿に目が離せなくなること間違いありませんよ。

公演概要
タイトル : フエルサ ブルータ「Panasonic presents WA ! – Wonder Japan Experience」
会場:ステラボール(東京・品川プリンスホテル内・約1,050名収容)
住所:東京都港区高輪4-10-30 アクアパーク品川内
開催日程:2017年8月1日(火)~9月30日(土)
開催時間:詳細は公式サイトに記載
料金:
前売1Fスタンディング 7,600円
当日1Fスタンディング 8,700円
2F VIPシート 15,000 円(ミニ モエ、プログラム、オリジナルグッズ付)
2F指定席一般 10,800円
公式サイト:http://fbw.jp/

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ