かわいいカワウソたちに癒されよう!「カワウソほんと展」が7月7日から浅草で開催

  • 最終更新:
紅葉特集2017

近年ペットとしても注目されているカワウソの合同写真&物販展「カワウソほんと展」が、東京都浅草橋にあるギャラリー「TODAYS GALLERY STUDIO」にて開催されます。期間は、2017年7月7日(金)~23日(日)まで。フォロワー25万人超インスタグラマーや大学教授も務めるカワウソ写真家など、約200点以上の作品が展示されます。かわいいカワウソの写真で癒されること間違いありませんよ。

「カワウソ」尽くしの企画展!「カワウソほんと展」が浅草で開催

「カワウソほんと展」では、フォロワー数25万人越えのponchan918さんや、テレビでも人気のmakoさんなど、SNSの人気クリエイターの写真を展示。さらに大学教授も務めるカワウソ写真家・佐藤淳一さんなどが脇を固めます。ほとんどの出展者が写真展初出展で、約200点以上の作品が登場予定です。

物販では、ゆるかわのイラストが人気のイラストレーターSTUDY優作が、本展のために描き下ろした限定グッズを展開するほか、小物やぬいぐるみ、アクセサリーのハンドメイド雑貨など、2,000点を越えるグッズが勢揃いします。ここでしか購入できないものが満載です。また、先着2,000名には、オリジナルのポストカードをプレゼントします。

「カワウソほんと展」の見どころ

カワウソについて詳しく学べる!

近年ペットとしても人気を集めるカワウソ。そんなカワウソだらけの「カワウソほんと展」では、カワウソの“ほんと”のところを知ってもらう仕掛けが会場内随所に散りばめられています。

例えば、カワウソは犬より飼いやすいと言われていることは、あまり多く知られていません。カワウソは群れを作って集団で生活するため、コミュニケーション能力が非常に高く、人にも懐き、トイレトレーニングはもちろん、簡単な芸もできるそうです。
しかしながら、その一方で、カワウソは元々野生であることから、ペットには向いていないという意見があることも事実。写真家でもあり専門家でもある佐藤淳一氏は、カワウソは元々野生であることから、整った環境が必要と唱えています。

本展では、ペットとしてのカワウソ、野生としてのカワウソ、どちらも展示することで、まだあまり知られていないカワウソについて詳しく紹介します。

大型プロジェクターによる癒しの動画コーナーも併設

大型プロジェクターが用意されたカワウソまみれの動画コーナーは、本展の目玉のひとつ。初公開・未公開動画などを数多く収録した30分超えの超大作も公開されます。芸をしたりじゃれ合ったり、犬や猫にも負けないカワウソのかわいい瞬間を存分に楽しめますよ。

会場限定公式グッズ&数量限定公式図録は必見!

カワウソだらけの1冊に仕上げられた公式図録も登場。こちらは300部限定となっています。カワウソ好きはお早めに購入しましょう。
そのほかにも、公式限定Tシャツも発売予定です。詳しくは公式サイトをチェックしてくださいね。

参加アーティストをご紹介!

ponchan918(Instagram @ponchan918)

3代目となる、コツメカワウソの竹千代は関西生まれの5歳。先代の小太郎、姫ちゃんが病気で3歳で亡くなったことから、長生きしてほしくて竹千代と名付けられました。コツメカワウソの平均体重は3キロに対し、竹千代は5キロ越え。お腹がすくととっても不機嫌になり、眠くなるとぐずったりする、そんな日々を綴ったインスタは25万人を超える人気アカウントとして知られています、本展では“コツメカワウソとの楽しい生活”をテーマにした作品を展示。物販では、クリアファイルを会場限定で販売する予定です。

mako(Twitter @kawauso_sakura)

飼い主は1991年生まれの埼玉出身。ペットのさくらは、2016年4月生まれの京都出身です。
2016年10月に、さくらとの生活がスタート。2017年2月にはTwitter、ブログをスタートし、2017年3月からはYouTubeでも投稿開始しました。その後、2017年4月には、TBS「トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!」に、2017年4月には、NHK「おはよう日本」に出演、2017年6月には、TBS「生き物にサンキュー!!」に出演するなど、お茶の間でも知られる存在です。本展では、“家庭内のカワウソの日常”をテーマにした作品を展示。ポストカードも会場限定で販売予定です。

iKeCa(Instagram @qoo_ruru)

4人の子供達の妹として我が家にやってきたカワウソ・クゥちゃんの日常をInstagramで発信。本展では、“我が家の末っ子くるるの日常”をテーマにした作品を展示予定です。

STUDY優作 (Twitter @study666i)

鹿児島在住のイラストレーター。主にインターネットを中心に活動中です。変な動物のイラスト、グッズ、書籍カット絵、1ページ漫画、シンプルな女性のイラストなどを制作。Twitterは14万フォロワーを超える人気であり、缶バッジ・トートバッグは全て描き下ろしのイラストで販売予定です。

栞子(Twitter @s_hi_o)

大阪出身、大阪在住のイラストレーター・ハンドメイド作家です。書籍のカットイラスト、スタンプ制作、雑貨制作など多方面で活動中。個人では、デザインフェスタや百貨店催事などのイベントでオリジナルグッズを展示・販売しています。普段はハムスターのイラストを描くことが多く、「まるっと小動物展」では売り切れ続出。そんな大人気作家・栞子が、本展では“カワウソの生態を意識した可愛いものづくり”をテーマに作品を展開します。

ヤム(Twitter @yamuretsu)

ハリネズミを中心に様々な動物やモノノケのグッズをデザイン。マニアックな動物からメジャーな動物まで自分の気の向くままに描いており、全国の水族館、動物園のグッズのデザインや、新潟県の万代シテイのゆるキャラばんにゃいを手がけています。本展では“いっぱいカワウソ!”をテーマに作品を展開します。

佐藤 淳一(Twitter @otterhaus)

武蔵野美術大学・造形学部・デザイン情報学科の教授で、2007年には宮城県芸術選奨も受賞しました。著書に「恋する水門 FLOODGATES」、「ドボク・サミット」、「カワウソ」など。テレビ朝日「タモリ倶楽部」、テレビ東京「出没!アド街ック天国」などに出演するなど活動の幅は多岐にわたっています。リサーチ・エンターテインメントとしての写真を標榜し、土木構造物から動物まで、かけ離れた領域を広く行き来。本展では、特設スペースにて野生のカワウソの生態についての展示を予定しています。

そのほかにも、いそだにく、玖鷹、こやまけいこ、内藤惠(アトリエいたち雲)、沼尻峻宗、たかむらすずな、aya33、moekonet、MOFFU.、Sweet Olive、など全17組の出展者が予定されています。

イベント詳細
企画展名:カワウソの合同写真&物販展「カワウソほんと展」
会場:TODAYS GALLERY STUDIO
住所:東京都台東区浅草橋5-27-6 5F
開催日程:2017年7月7日(金)~7月23日(日) 
開催時間:11:00~19:00
休館日:なし
入場料:500円/3歳以下は入場無料
出展者:17組(予定)
公式サイト:http://tgs.jp.net/event/kawausohonto

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ