水木しげる×すみだ水族館!「クラゲ万華鏡トンネル」が背筋も凍る「水の妖怪トンネル」に変身

  • 913 |
  • 最終更新:
花火特集2017

東京都墨田区のスカイツリータウン内にあるすみだ水族館が、「ゲゲゲの鬼太郎」でおなじみの漫画家・水木しげると初のコラボレーション。“水”にまつわる妖怪たちが登場する「水木しげる×すみだ水族館 水の妖怪トンネル」が、2017年7月15日(土)~9月10日(日)まで開催されます。この夏は、すみだ水族館で暑い夏にぴったりの「水木しげる×すみだ水族館 水の妖怪トンネル」をぜひ堪能してみてください。

すみだ水族館×水木しげる!「クラゲ万華鏡トンネル」が「水の妖怪トンネル」に変身

東京スカイツリータウン内にある人気お出かけスポット・すみだ水族館に、漫画家水木しげるの描いた“水”にまつわる妖怪たちで演出する「水木しげる×すみだ水族館 水の妖怪トンネル」が初登場。2017年7月15日(土)~9月10日(日)まで、長さ約50mのスロープの壁と天井に約5,000枚の鏡を貼りつめた展示エリア「クラゲ万華鏡トンネル」が夏季限定のお化け屋敷空間に変身します。

ほかにも、フラッシュ撮影をすると人物の背後に目には見えない妖怪が浮かび上がる不思議なフォトスポットや、水木しげるの描いた妖怪「目玉おやじ」をイメージした特別メニュー「目玉おやじの目玉パフェ」も登場するなど、妖怪の世界にどっぷりと浸ることができますよ。

イベントの見どころをご紹介!

火の玉のように、クラゲたちが遊泳!「水木しげる×すみだ水族館 水の妖怪トンネル」

期間限定のお化け屋敷空間「クラゲ万華鏡トンネル」では、8個の水槽の中に「海の火の玉」とも言われるクラゲが照明によって不気味に浮かび上がります。また、水槽の中や壁面には妖怪漫画「ゲゲゲの鬼太郎」の作者水木しげるが描いた「河童」や「大蛸の足」、「化け鯨」、「海月の火の玉」、「金魚の幽霊」など“水”にまつわる9種類の妖怪たちが、映像やイラストになって登場。薄暗い照明や恐怖心をあおる音響効果に加えて、本企画のために開発された昼と夜で異なる2種類のアロマなどにより、思わず進むことをためらってしまう妖怪トンネルとなっています。

開催期間:2017年7月15日(土)~9月10日(日)
開催時間:終日

フラッシュで妖怪が浮かび上がる!「妖怪フォトスポット」

「ゲゲゲの鬼太郎」に登場するキャラクターたちと一緒に記念写真が撮れるフォトスポットが、「水の妖怪トンネル」に登場。パネルの前に立ってフラッシュ撮影をすると、目では見えなかった妖怪が人物の背後に不気味に浮かび上がりますよ。

展示場所:5F水の妖怪トンネル入口付近
展示期間:2017年7月15日(土)~9月10日(日)
展示時間:終日

妖怪をイメージした特別メニュー「目玉おやじの目玉パフェ」が登場!

期間中、5階の「ペンギンカフェ」では、水木しげるが描いた妖怪「目玉おやじ」をイメージしたパフェを数量限定で販売します。イチゴソースのかかった牛乳プリンの上にベリーとソフトクリームをトッピング。さらに、目玉のマシュマロをのせ、「目玉おやじ」の姿を表現した一品です。

販売期間:2017年7月15日(土)~9月10日(日)
販売時間:終日販売 ※1日20食限定
販売場所:5Fペンギンカフェ
販売価格:500円(税込)

イベント詳細
名称:水木しげる×すみだ水族館 水の妖怪トンネル
会場:すみだ水族館
住所:東京都墨田区押上一丁目1番2号 東京スカイツリータウン・ソラマチ5F・6F
開催期間:2017年7月15日(土)~9月10日(日)
営業時間:9:00~21:00 
※入場受付は閉館の1時間前まで
※季節による変更あり
入場料:大人2,050円、高校生1,500円、小中学生1,000円、3歳以上600円
電話番号:03-5619-1821
公式サイト:http://www.sumida-aquarium.com/

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ