BAKE初の和菓子ブランド!生どら焼き専門店「DOU」が東武池袋駅構内にオープン

  • 最終更新:
花火特集2017

5月25日、東武池袋駅構内に生どら焼き専門店「DOU」池袋店がオープンしました!チーズタルト専門店などで知られるBAKE初の和菓子ブランドです。どんな生どら焼きを食べられるのか、気になる詳細をご紹介します。

「DOU(ドウ)」のブランドコンセプト

「DOU」では“できたての美味しさへのこだわりを日本伝統の和菓子に掛け合わせた、新しい形のどら焼きをお客様へ提供したい”という想いを大切にしています。店名の「DOU(ドウ)」は、修練の中で基本を身に付けつつも新しいものを生み出す「守破離(しゅはり)」の精神を重んじる、茶道や武道の「道(ドウ)」からインスピレーションを受けているそう。さらに英語で生地を意味する「Dough(ドウ)」も掛け合わせ、生地へのこだわりも表現しています。

いままでにない空間デザインやパッケージ

新しさにこだわる「DOU」は、空間デザインやパッケージもひと味違います。東武池袋駅構内のお店は、銅色鏡面の壁が印象的。周囲の風景が壁面に映り込み、何とも不思議な視覚体験ができます。パッケージのコンセプトは「和と洋の共鳴」です。

和菓子の器に敷く懐紙や折型をモチーフにしたデザインで、和菓子のパッケージにはめずらしい「エメラルドグリーン」と「ピンクベージュ」を使用。どちらも銅から派生する色で、“いままでにない新しい生どら焼きを提供したい”という想いを表しているそうです。

生地、粒あん、クリーム、求肥にこだわり抜いた「生どら焼き」

生地

和菓子の製法としては稀な、別建て製法で作った生地を店頭の湿温蔵庫で蒸しあげています。仕上がりは、まるで洋菓子のスポンジケーキのように軽く優しい、ふんわり食感。ひと口目から新鮮な驚きに出会えます。

粒あん

素材は北海道十勝産の最高級小豆「雅(みやび)」を使用。大粒で赤い光沢が「雅」の特長です。少量ずつていねいに炊き上げることで、あずきの粒立ちと香りをキープ。上品な甘さの香り高い粒あんは、後を引く美味しさです。

生クリーム

生どら焼きには、「雅」の粒あんとともに生クリームも生地の間に挟まれています。脂肪分35%のスッキリした後味は、粒あんとも好相性。北海道産の生クリームが、適度なコクをプラスしてくれます。

求肥

雪のように真っ白な求肥は、北海道で栽培された「はくちょうもち」というもち米から作られます。シロップを加えたモチモチ食感の求肥は、生どら焼きのアクセントになっています。

すべてにこだわり抜いた「DOU」の生どら焼き。食べたくなってきましたね。価格は1個324円(税込)、1人あたり4個までの限定販売です。自分へのご褒美や手土産にいかがですか?

■スポット詳細
生どら焼き専門店「DOU」池袋店
所在地:4 東京都豊島区西池袋 1-1-21 東武池袋駅構内店舗
営業時間:10:00~22:00
価格:「生どら焼き」1個324円(税込)※1人4個までの個数限定販売。
TEL:03-5955-5380
URL:https://namadorayaki.com/

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ