見て、聞いて、味わって!代々木公園の「ラオフェス」で、ラオスをまるごと楽しもう

  • 2555 |
  • 最終更新:

東京・代々木公園で「ラオスフェスティバル2017」が開催されます。日程は2017年5月27日(土)・28日(日)の2日間です。ラオス料理やタイ料理などの東南アジア料理や、ラオスと日本のトップアーティストによるパフォーマンスが楽しめますよ。では、さっそく詳細をチェックしてみましょう!

「ラオスフェスティバル」とは?

今年で8回目の開催となるラオスフェスティバルは、通称「ラオフェス」で親しまれるラオス大使館主催のイベントです。日本とラオスの友好親善をはかり、相互の発展につなげていくきっかけとなるべく2007年から開催されています。ラオスの伝統料理や飲み物、エンターテインメント、アーティストたちによるステージパフォーマンスなど、ラオスの魅力がたっぷり詰まったイベントです。

ラオスの伝統料理がずらり!グルメとビールを堪能

本場のラオス料理を味わおう!

フェスティバルの目玉のひとつにグルメがあげられます。ラオス料理はタイ料理、特にタイ東北部のイサーン地方の料理に似ています。たくさんの屋台があるので、ぜひお気に入りを見つけてくださいね。

ナンプラーとライムで味付けされた、少しピリ辛の炒めたひき肉のサラダ「ラープ」や、そうめんとココナツミルクの取り合わせがアジアっぽい「カオプン」、ラオスでは主食として食べられている「カオニャオ」など、ラオスならではのグルメが目白押しです。

甘いものが食べたい方には、かき氷や揚げバナナなどがおすすめ。食後のデザートにもぴったりです。

やっぱりビールははずせない!

アメリカの有名雑誌「タイム」でアジアのベストビールと評されたラオスのビール「ビアラオ」も登場します。

ラオスのビール市場のシェア90%を誇るビアラオは、日本人好みのラガーテイスト。本国では氷を入れて冷やして飲むのがスタンダードなので、ぜひラオス風の飲み方に挑戦してみてください。

フード以外にも様々なブースが登場!ラオスの魅力が体感できる!

会場にはフードブースのほか、ラオスの食材や雑貨、工芸品、洋服、音楽を扱うブースも設けられます。ラオス南部で盛んな手織り藍染布を用いた衣類や小物のコレクションも販売するブースや、ラオスのオーガニックコーヒーやジンジャー・ティーなど、ラオスの特産品を扱う店舗も登場する予定です。

おすすめは「ヘナアート体験」。ヘナと呼ばれる特殊な植物性塗料を使って、体に模様を描いてもらえます。ヘナアートは約2週間で消えていきますが、この間に描いた時に祈った願いが叶うと言われているそうです。

「家族に優しい、うれしいフェスティバル」を目指し、キッズコーナーも設置されます。みんなで絵を描く「青空ペイントコーナー」や縁日などが登場。お子様連れでも安心して楽しめますよ。

ラオス・日本のアーティストが集合!圧巻のパフォーマンスで盛り上がろう

メインステージでは日本とラオス両国のアーティストによるパフォーマンスが行われます。今年も元爆風スランプのサンプラザ中野くん氏とパッパラー河合氏が登場。美しい民族衣装をまとったラオス舞踊団の伝統舞踊も見逃せません。

サテライトステージではラオス語講座やラオスダンスレクチャー、ラオスクッキングデモンストレーションなどラオス文化に触れられるイベントが行われます。

今週末は、ラオスの魅力がたっぷり詰まった「ラオフェス」に遊びにいってみませんか。

イベント詳細
名称:ラオスフェスティバル2017
会場:代々木公園イベント広場
アクセス:JR原宿駅から徒歩約3分
住所:東京都渋谷区神南2-1
開催日程:2017年5月27日(土)・28日(日)※雨天決行
開催時間:10:00~19:00
入場:無料
公式サイト:http://www.laos-festival.info/

画像提供:ラオスフェスティバル公式サイト

このページのTOPへ