屏風に描かれた世界観を体感!東京国立博物館で「びょうぶとあそぶ」が開催

  • 最終更新:
花火特集2017

2017年7月4日(火)~9月3日(日)の期間、東京国立博物館で、親と子のギャラリー「びょうぶとあそぶ 高精細複製によるあたらしい日本美術体験」が開催されます。トーハク所蔵の名品「松林図屏風」、米国フリーア美術館所蔵の「群鶴図屏風(ぐんかくずびょうぶ)」など、日本を代表する屏風の高精細な複製と映像がコラボした新たなアート体験が楽しめますよ。

複製と映像のコラボレーション!「びょうぶとあそぶ」がトーハクで開催

展示会場のイメージ(特別5室)

東京国立博物館で、2017年7月4日(火)から、親と子のギャラリー「びょうぶとあそぶ 高精細複製によるあたらしい日本美術体験」がスタート。トーハク所蔵の名品「松林図屏風」および米国フリーア美術館所蔵の「群鶴図屏風」の複製と映像のインスタレーションにより、屏風絵の世界を体感できる画期的な試みとして注目を集めています。

イベントでは、安土桃山時代に描かれた日本水墨画の傑作である国宝「松林図屏風」や金屏風が華やかな尾形光琳による「群鶴図屏風」の複製と映像を組み合わせ、会場全体をアート作品として演出。複製画を利用することにより、映像空間とともにケースなしに向き合えるのが特徴となっています。なお、屏風の複製画は、キヤノンと京都文化協会による「綴プロジェクト」が高精細画像により制作したものを使用。映像はイベント向けに新たに制作したオリジナルを新規に作成されたものとなっています。

屏風は古来、装飾用あるいは間仕切りとして実用的にも使用されてきましたが、現代生活では遠い存在となってしまいました。そんな屏風の世界に入りこむ体感型展示は、大人も子どもも、日本人も外国人も、誰でも自分なりに楽しめる、今までにない全く新しいアート体験となっています。

「松林図屏風」の世界を体感できる!「松林であそぶ」

「松林図屏風」(右隻)(綴プロジェクトによる高精細複製品)/原本:長谷川等伯筆、安土桃山時代・16世紀、原本・複製品:東京国立博物館蔵

特別5室は「松林図」の世界に遊ぶ体験型展示です。高さ約5メートル、直径約15メートルの半円形の大型スクリーンに映し出される映像と、松林図屏風の高精細複製画を畳に座って観るという屏風本来の鑑賞スタイルで鑑賞。長谷川等伯の描いた松林の風と匂いをリアルに体感できますよ。

「松林図屏風」とは?

豊臣秀吉(1537~98)が、天下を統一した頃に、長谷川等伯によって描かれた日本の水墨画の最高傑作「松林図屏風」。画面に大きく描かれた松の樹は、墨一色の線と濃淡の加減だけで描かれており、松林が霞の間から見え隠れする様子や、木々の間を渡る爽やかな風まで実感できるのが大きな魅力です。

この絵はある時、屏風に仕立てられたものですが、この松林の周囲にも、さらに風景が広がっていたと伝えられています。海や山々、里山の景色が遠くに描かれていたかも知れません。日本では松林を描いた風景画は、三保の松原や天橋立などが知られますが、この絵はいったい何処の松林を描いたものでしょうか。記憶の中にあらわれる光景と重ねてみることで、潮騒が聞こえ、海辺の湿った空気や松の香り、鳥たちが木々の間を飛び交う姿さえ、見えてくることでしょう。

「群鶴図屏風」の世界でたわむれる!「つるとあそぶ」

展示会場のイメージ(特別4室)

特別4室には、「群鶴図」に鶴が降り立つ不思議な世界が登場します。展示室に入ると、大きなスクリーンで鶴が羽ばたき、地面に降り立ちます。そして、最後は江戸時代に活躍した琳派の雄、尾形光琳(おがた・こうりん)が作り出した金屏風の中へ誘います。鑑賞者の動きに合わせて鶴が動くインタラクティブな演出や、金屏風の美しさを引き出す光の演出など、子どもから大人まで、「群鶴図」の世界を楽しめます。

「群鶴図屏風」とは?

江戸時代の元禄文化華やかなりし頃に描かれた鶴の群れ。同じ向きですらりと立つ姿は実際の鶴より、かなりスマートに描かれています。光琳は高級呉服商の息子でしたが、着物の柄の型のように、同じ姿形の鶴がリズミカルに配置されて、そのうち数羽が異なるしぐさです。一見、鶴は、動きがなく固まっているようですが、屏風を見る場所を移すと、金の照り返しの具合が変わって、鶴たちが動いて見えてきます。写真のように本物の鶴を描かないことで、かえって動きを感じることができるのです。背景の金がきらきらと光って、水を含んだ湿った地面に見えるかも知れません。
この絵を見ることで、上空からさらに鶴の一群が舞い降りて、餌をついばみ、恋の相手を呼ぶ泣き声や、姿が目の前に広がっていくことでしょう。

関連イベントをチェックしよう!

みんなで遊ぼう!ハンズオンコーナー 「びょうぶにさわる」

屏風はどんなふうにつくられているか、 パネルの曲げ方を変えると絵はどんなふうに見えるのか、屏風のミニチュアで遊びながら、屏風について楽しく学べるコーナーです。

開催日時:会期中毎日 10:00~閉館時間まで
会場:本館特別 4 室

ワークシートで自分だけのびょうぶをつくってみよう

自分で絵を描いてびょうぶをつくることができるワークシートを配布します。

開催日時:会期中毎日配布
配布場所:本館特別4室・特別5室

ワークショップ 「びょうぶをつくる」

屏風の鑑賞と研究員によるレクチャーののちにオリジナルのびょうぶつくりを体験するワークショップです。自分だけの松林図をデザインして、昔の屏風と同じ構造の屏風に仕立ててみましょう。

開催日時:①2017年8月13日(日) ②8月20日(日) 各日 10:00~12:30
会場:本館地下みどりのライオン(教育普及スペース)
対象:小学生とその保護者
定員:10組(応募者多数の場合は抽選)
参加費:無料(ただし、当日の入館料が必要)
申込方法:当館ウェブサイトのフォームで申し込んでください。
申込締切:①②ともに 7月20日(木)必着

開催概要
名称:親と子のギャラリー「びょうぶとあそぶ 高精細複製によるあたらしい日本美術体験」 
開催場所: 東京国立博物館(上野公園) 本館特別4室・特別5室
開催期間: 2017年7月4日(火)~9月3日(日)
開館時間:9:30~17:00
 ※金・土曜は~21:00、日曜・祝日は~18:00。入館は閉館の 30 分前まで。
休館日: 月曜 ※2017年7月17日(月・祝)、8月14日(月)は開館、7月18日(火)は休館
観覧料: 一般 620円(520 円)/大学生 410円(310 円) ※総合文化展も観覧できます。
※( )内は 20 名以上の団体料金
※高校生以下、および満 18 歳未満と満 70 歳以上の方は無料。入館の際に年齢のわかるものをご提示ください。
※障がい者とその介護者 1 名は無料。入館の際に障がい者手帳などをご提示ください
※子ども(高校生以下および満 18 歳未満)と一緒に来館した方(子ども 1 名につき同伴者 2 名まで)は、団体料金で観
覧できます。
※特別展は別料金
「びょうぶとあそぶ」公式サイト:http://canon.jp/byobu
東京国立博物館 WEBサイト:http://www.tnm.jp

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ