北斎が西洋に与えた衝撃!国内外の名作が大集結する「北斎とジャポニスム」

  • 最終更新:
花火特集2017

19世紀後半、欧米の芸術家たちを魅了し、“新しい芸術”を生み出す原動力となった葛飾北斎。西洋の近代美術の流れを“北斎とジャポニスム”という観点で編み直した展覧会が、2017年10月21日(土)~2018年1月28日(日)まで国立西洋美術館で開催されます。会場には印象派を中心に西洋の名作がおよそ200点、北斎作品がおよそ90点集結(出品点数は予定、会期中展示替えあり)。西洋の芸術家の目を通して北斎の魅力を再発見できるこの展覧会は、まさに東と西の夢の共演です!

クロード・モネ《陽を浴びるポプラ並木》、葛飾北斎《冨嶽三十六景 東海道程ヶ谷》

日本発、世界初の企画!「北斎×ジャポニスム」

欧米にもたらされた日本の作品に刺激を受けた西洋の芸術家たちが、その視点や手法を取り入れて“新しい芸術”を作りあげる――そのムーブメントが、ジャポニスムです。この展覧会は、北斎が西洋の芸術家たちに与えた刺激を切り口にした「日本発、世界初」のジャポニスム展です。

西洋美術の傑作と北斎の名品 夢の共演

北斎芸術の特質と影響を、選りすぐりの作品で紹介する本展。北斎の名品とともに、印象派の絵画、マネやクレーの素描、ガレやティファニーの装飾工芸を観ることができます。その数たるや、西洋美術の名作が約200点、北斎作品が約90点。国内外の美術館や個人コレクションから集められた名品ぞろいです。

葛飾北斎について

葛飾北斎といえば、《冨嶽三十六景》や『北斎漫画』がとりわけ有名ですね。浮世絵だけでなく肉筆画にも長けており、90歳で亡くなるまで様々な芸術作品を制作しつづけた多才な絵師でした。
人物、動植物、建物、風景をひとりで描くことができた北斎の作品は、ほかの絵師の作品と比べて引用される頻度が圧倒的に高く、印象派をはじめとした欧米の芸術家たちに影響を与えました。西洋美術が近代の扉を開く原動力となった北斎。1999年、米『LIFE』誌の“この1000年でもっとも重要な功績を残した世界の100人”に日本から唯一選ばれたのは、北斎でした。

西洋に浸透した北斎

北斎の作品は、西洋の人々が日本について書いた旅行記などに、挿絵として借用されました。また、芸術家たちは北斎の造形表現を研究し、そのモチーフや構図を学んでいきます。北斎作品はときに改変を加えられながら、絵画はもちろん、皿や花器といった工芸品にも取り入れられていきました。

みんなHOKUSAIに学んだ

モネ、ドガ、セザンヌ、ゴッホといった印象派の名画家たちは、いずれも北斎からインスピレーションを得て、自分の作品に活かしました。当時のヨーロッパの画家たちは、北斎作品に鮮烈な衝撃を受け、そこから学び、独自の発想を加えて新たな作風をつくりあげていったのです。

北斎×モネ


ポプラの木立を繰り返し描いたモネの作品中、構図に卓越したリズム感が感じられる《陽を浴びるポプラ並木》。木々の垂直線がテンポよく並ぶ造形は、《冨嶽三十六景 東海道程ヶ谷》に描かれた松並木に呼応します。

北斎×ドガ


「踊り子の画家」と呼ばれたエドガー・ドガは、『北斎漫画』に登場する人物の何気ない動きを捉えたようなポーズに、大いに刺激を受けました。

北斎×セザンヌ


南仏出身のポール・セザンヌは、故郷で望むサント=ヴィクトワール山を様々な視点から捉えた作品を、複数残しています。主題である山を遠景に、手前に木々を配して俯瞰的に中景を眺める構図は、《冨嶽三十六景 駿州片倉茶園ノ不二》に見られるもの。2作品を並べて見ると、懐かしさのような不思議な感慨を覚えます。

北斎×カサット


北斎が知られる以前、幼い女の子は行儀のよいポーズで描かれるものでした。退屈そうなポーズは、『北斎漫画』の影響なんですね!

名だたる芸術家を虜にした、HOKUSAI

上で紹介した画家以外にも、ゴッホ、ゴーガン、ピサロ、スーラ、ボナールといった名だたる画家たちが、北斎に魅了されました。なかでもピエール・ボナールは、日本美術に傾倒し「ジャポナール」と呼ばれたほどでした。

北斎の影響は、工芸品のデザインにも及んでいます。アール・ヌーヴォーの旗手エミール・ガレ、そしてティファニー・ランプで有名なルイス・コンフォート・ティファニーは、北斎に触発されて木々に降り積もる綿菓子のような雪の描写やトンボやチョウなどの昆虫や自然のモチーフを装飾に取り入れたと考えられています。

北斎の衝撃波!

誰もが目にしたことがある《冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏》。大きくうねる波の向こうに小さく描かれた富士山は、日本人の目にも印象的です。
この大波の造形にインスピレーションを得た作品のなかには、珍しい立体作品もあります。カミーユ・クローデル作の《波》やクリストファー・ドレッサー作の《波型鉢》など、「こうきたか!」とうなってしまうような作品は必見です。

北斎の富士山!

大波と並ぶ北斎のアイコン的モチーフといえば、富士山ですね。様々な地点から眺めた富士山を捉えた《冨嶽三十六景》に触発されて、西洋の名山を異なる視点から繰り返し描いた画家たちがいました。
たとえばポール・セザンヌは故郷南仏のサント=ヴィクトワール山を、クロード・モネは旅行で訪れたノルウェーのコルサース山を幾度となく描き、造形的な実験の場としたのです。

さいごに

本展の監修者で独立行政法人国立美術館・国立西洋美術館長、ジャポニスム学会会長の馬淵明子先生が、数あるお気に入りの中で特に見てほしいという作品が、モネの《木の間越しの春》。北斎の『富嶽百景』を所有していたモネが、「竹林の不二」を参考にしたと思われる作品です。ぜひ会場でチェックしてくださいね。

北斎からインスピレーションを得て、生み出された数々の名画。今回の展覧会は、日本の文化背景を持つわたしたちが、ジャポニスムという切り口でそれらの名画を鑑賞できる、そして西洋の芸術家の目を通して北斎の魅力を再発見できる、またとない機会になるでしょう。

展覧会詳細
名称:北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃
会場:国立西洋美術館
所在地:東京都台東区上野公園7-7
会期:2017年10月21日(土)~2018年1月28日(日)
公式サイト:http://hokusai-japonisme.jp
電話:03-5777-8600(ハローダイヤル)

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ