日本初上陸!森の空中遊び施設「パカブ」 が2017年7月下旬神奈川にオープン!

  • 11554 |
  • 最終更新:

神奈川県南足柄市にある足柄森林公園 丸太の森に、日本&アジア初上陸となる世界最大級の森の空中あそび「パカブ」が2017年7月下旬にオープンします!ヨーロッパでは大人気のパカプは、フランス生まれの漁業に使う網やロープを使用した空中の遊び場です。張り巡らした網(魚網)の上で、様々なアクティビティが楽しめますよ。大注目の施設情報をチェックしていきましょう。

© Denis Gliksman

「パカブ」って何?

© Denis Gliksman

代表のセドリック氏は、グロワ島出身で、スピードボートの操縦士として30年のキャリアを持っています。グロワ島は、漁師の島でしたが、若者の島離れによる過疎や漁師の高齢化という問題を抱えていました。その漁師さんたちが編む魚網やロープを使った遊び「パカブ」を考案したのが、ことの始まりです。

© Denis Gliksman

「パカブ」は、漁網を張り巡らし、吊り橋や迷路、空中スポーツコートなど空中の空間でハーネス(落下を防ぐ器具)などを使用せずに遊べるユニークなコンセプトを持つ遊び場です。2008 年にフランス・グロワ島に 2000㎡の「パカブ」第一号を開設。以来、フランスに23か所、イギリスに5か所オープンしています。フランス、イギリスに次いで世界3ヶ国目、アジアでは、初めて日本でのオープンが決定しました。また、日本に登場する「パカブ」は、世界最大級の規模となる予定です。

スリル満点!「パカブ」の遊び方

© Denis Gliksman

“森の空中あそび「パカブ」”は、巨大な網の上で、幅広い年齢層の方がハーネスを使用せずに安全に気軽に遊べることをコンセプトとした空中の遊び場です。足元が固定されていない網の上で、揺れたり、跳ねたり、転んだり。地上3m〜最大地上高8mの高さで、スリリングな体験を満喫しましょう。吊り橋や迷路、バスケットボールやサッカーボールなどを使ったスポーツまで、様々な楽しみ方が用意されています。

フランス生まれの新しい遊び場に期待が高まりますね!オープンが待ちきれません!

 

■森の空中あそび「パカブ」概要
名称:森の空中あそび「パカブ」
運営:足柄グリーンサービス森林公園有限責任事業組合
所在:神奈川県南足柄市広町 1544
ホームページ:http://www.parcabout.jp
オープン予定日:2017年7月下旬
利用料:未定
営業時間:未定
駐車場:100 台(無料)
定休日:毎週月曜日(祝日の場合は、翌日)、12/29~1/3 ※7/15~8/31 は無休
アクティビティ:空中吊り橋、空中迷路、空中トンネル スベリ台、空中バドミントン、空中バスケットボール、空中サッカーボール 他ボールゲーム、バランスウォーキング、キッズ専用プレイゾーンなど

問い合わせ先:TEL:0465‐72‐2400 (平日 9:00~17:00/土日祝日は休業)
Mail:support@parcabout.jp

■「足柄森林公園 丸太の森」概要
名称:「足柄森林公園 丸太の森」
指定管理者:株式会社足柄グリーンサービス
所在:神奈川県南足柄市広町 1544
ホームページ:http://www.k-mask.jp/maruta/
入園料:個人/大人 440 円 中学生 440 円 小学生 330 円 幼稚園児 110 円
団体(20 人以上)/大人 390 円 中学生 350 円 小学生 260 円 幼稚園児 80 円
※パカブの利用料金は含まれておりません。
休業日:毎週月曜日(祝日の場合は、翌日)、12/29~1/3 ※7/15~8/31 は無休
開園時間:4~10 月/9:00~17:00 11~3 月/9:00~16:00
駐車場:100 台(無料)※パカブも同じ駐車場です。

このページのTOPへ